お知らせ

2018/10/30

月1回の定期懇親会を開いていますーーー次回は11月17日

東京四ツ谷の気功サロンが主催ではありませんが、

月1回のペースで懇親会を開いています。

これは私(中島)の個人的な飲み仲間の集まりではありますが、

とてもゆるい集まりなので、飲むこと、歌うこと、しゃべることなど好きならば、

どなたでも参加できるという自由性を持った懇親会となっています。

次回は11月17日(土)午後6時からですが、遅れても全然構いません。

場所は決まっていて、スナック「プレジデント」。TEL03-5925-8893。

地下鉄丸ノ内線「四谷3丁目」駅から徒歩1分。新宿区四谷3-3 エスパスコンセール3階です。

気功サロンから徒歩4分で、みずほ銀行となりの雑居ビルです。

ママの手作りの美味しい料理が食べ放題、飲み放題、歌い放題で参加費はなんと3000円という安さ。

参加ご希望の方は、前々日までに私(中島)までご連絡下さい。 080-6584-4965 までお願い致します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/10/29

健康のための食前酒の効用

よくディナーの前に食前酒を飲むことがあります。

この食前酒は健康にとって何かメリットがあるのでしょうか?

食前は胃の中が空の状態ですが、ここにアルコールが入ると体に変化が起こるのです。

血液の中にはガストリンというホルモンがあり、胃にアルコールが入ってくると、

ガストリンが胃酸を出す胃腺を刺激することで胃酸が分泌されるのです。

つまり、これから食物が入ってくるための消化の準備をするわけです。

 

食前酒に適したお酒は、アルコール度数が低く、炭酸が入っているものがお勧めです。

実際のパーティーなどでふるまわれるシャンパンは理にかなっているわけです。

その他、ビールなども適しているでしょう。

逆に食前酒としては適してないお酒は、アルコール度数の高い強いお酒です。

ウィスキーやウォッカ、ブランデーなどです。

これらの強いお酒を空腹時に飲むと、胃の壁を傷つけてしまう恐れがあるからです。

これらはむしろ食後酒として楽しむのが良いでしょう。

食後にブランデーで、その香りや味を楽しむのはオツなものです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/10/28

ピロリ菌を退治すると逆流性食道炎になるって本当?

上記の質問「ピロリ菌を退治すると逆流性食道炎になるって本当か」の答えーーー本当ではありません。

ただし、「ピロリ菌を退治すると逆流性食道炎になりやすくなるのか?」という質問なら、

その答えはイエスということになるでしょう。

 

ピロリ菌は胃の中に住んでいる菌で、日本人の場合、65歳以上の人では約70%が感染していると言われています。

ピロリ菌は胃がんや胃潰瘍の原因になるので、退治することが勧められているわけです。

しかしピロリ菌がいなくなると、逆流性食道炎になりやすくなるというのも事実なのです。

理由は胃酸の分泌が盛んになってしまうからです。

 

逆流性食道炎は、強酸性である胃酸が食道の方へ逆流し、

食道の壁を傷めることで胸やけ等の原因になる病気です。

この状態が長引くと食道がんになる危険もあるのです。

 

飲食物は食道を通って胃に入るわけですが、食道と胃の間には噴門という弁があります。

通常この弁は閉まっていて、胃酸が食道の方へ逆流しないよう働いているのです。

しかし人によっては、この噴門の閉まりの悪い人がいて、胃酸が食道へ逆流してしまうことがあるわけです。

ですからこのような人がピロリ菌を退治してしまうと、

新たな病気(逆流性食道炎)を呼び込むことになるわけで、注意しなければなりません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/10/27

再生医療とホリスティック医療の人間観

将来の医療は、再生医療とホリスティック医療の二つの方向で進化すると私は思っていますが、

この二つの医療には決定的な違いがあります。それはそれぞれの人間観です。

 

再生医療は人体を単なる物質の集合体と考えています。車と同じように・・・。

1台の車はたくさんの部品から成り立っています。

エンジンやラジエーター、バッテリー、タイヤ、窓ガラス、ミラー、シートなど、

様々な部品が機能的に集まってひとつの車ができています。

もしタイヤがパンクすれば、新品と交換すればいいし、

バッテリーが上がったり、ファンベルトが摩耗したりすれば新し物に替えればいいわけです。

人体もこれと同じで、何十年後か先の話ではありますが、

自分のIPS細胞から作った臓器や筋肉、神経、皮膚などで、古くなった部分を取り換えてしまえばいいのです。

このような状態が現実化したら、人はなかなか死ななくなるかも知れません。

 

ホリスティック医療の人間観はこれとは全く違います。

人体は単なる物質ではなく、魂という存在を前提とする人間観なのです。

私は気功の仕事をしていますし魂の存在も信じていますので、ホリスティック医療には親近感を持っています。

だからと言って、再生医療の方向は間違っていると主張はしません。

現に年間20万人以上の人が人工透析を受けている日本の今を考えると、

再生医療も幸福とは何かという哲学の元、順調に発展していくことを望んでいます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/10/26

ホリスティック医療とは何か

将来の医療は再生医療とホリスティック医療になると私は思っています。

前回は西洋医療が進化した形の再生医療について書きましたので、

今回はホリスティック医療について書いてみます。

 

ホリスティック医療とは、従来の西洋医療が人体を物質面だけから見るのに対して、

もっと全的に多方面から見る人間観に基づく医療です。

人間は人体という肉体面だけでなく、社会的側面や霊的な側面も持っています。

つまりもっと多面的に人間をアプローチしていこうという考えなのです。

 

ちなみにホリスティック医療協会の定義を見ますとーーー

①ホリスティック(全的)な健康観に立脚する。

②自然治癒力を癒しの原点に置く。

③患者が自ら癒し、治療者は援助する。

④様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行なう。

⑤病の深い意味に気づき、自己実現をめざす。

とあります。

 

さらに言いますと、①については補足の説明があり、

「人間を体・心・気・霊性等の有機的統合体ととらえ、

社会、自然、宇宙との調和に基づく包括的、全体的な健康観に立脚する」と書いてあるのです。

つまり霊性という魂を持った存在としての人間観に基ずく医療なのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。