お知らせ

2019/01/10

こむらがえりの原因と対処

よく、脚がつるなどと言いますが、これをこむらがえりと呼びます。

運動しすぎた夜に寝ている時とか、激しい運動中でも起こります。

主にふくらはぎの腓腹筋や前脛骨筋に起こるようです。

これは筋肉が縮こまろうとして硬くけいれんし、ひどい痛みを伴う状態を言います。

この原因は筋肉の疲労にあります。

筋肉のエネルギー源はブドウ糖ですが、長時間の運動によりエネルギーが消費されてしまいます。

つまりブドウ糖が不足してくるのですが、それを補うため肝臓のグリコーゲンからブドウ糖に変わるのです。

この時生じるビルビン酸が運動過多の状態になっていると乳酸に変わってしまうのです。

この乳酸が疲労の原因物質なのです。

乳酸がたまってくると、筋肉は収縮しっぱなしの状態になります。

これがこむらがえりが生じるメカニズムなのです。

 

こむらがえりを治すには、とにかく痛くてもその部分をストレッチすることです。

縮こまろうとする筋肉を無理やり伸ばすのです。

しばらく時間が経つと、痛みも消えて筋肉が柔らかくなります。

もう一つは緊急の対処ではありませんが、

ふくらはぎの筋肉がアキレス腱に変わる部分のツボ(承山)を押すと良いでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/01/08

とても慌ただしかった年末年始

いやー、去年から今年にかけての年末年始ほど慌ただしかったことはありません。

年末(12月23日~1月1日)にかけてイタリアに旅しましたが、

その少し前より、今まで乗っていた車が車検になるため、

新しい車の選定と試乗などを繰り返していました。

旅行の打ち合わせや支度と新車購入のための業者との打ち合わせが重なりました。

旅行は無事終わりましたが、4日に新車が搬入され、

まだ乗り方など分からないことが多い中、

子供と孫たち合計10人が我が家に集まっての新年のお祝い会。

やっと7日に皆帰って、ちょっと楽になったと思いきや、

8日、今度は私のガラケーの携帯が突然こわれるアクシデント。

9日から仕事初めなので、今日中に対処しなければならないから、あわてて携帯ショップへ。

やっと私もスマホデビューいたしました。

でも使い方がよく分からない。ただ今スマホの勉強中です。

そんなわけで、本当に申し訳ないのですが、

スマホにまだ慣れていないため、電話やメールで皆様にご迷惑おかけするかも知れません。

とにかくそんな慌ただしい中、9日、東京四ツ谷の気功サロンも営業を開始いたします。

今後とも皆様のご支援よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/01/07

いびきはどうしてかくの?

私たちは起きている時、呼吸がいびきの状態になることはありません。

なぜなら、起きている時は緊張しているため、食道と気管の切り替えがうまくいっているからです。

飲食物が入る方が食道で、呼吸時に空気が入る方が気管です。

この部分に関し、私たち人間は他の動物と違い、ちょっと複雑になっています。

 

食道と気管はのどの奥で前後に並んでいるのですが、喉頭蓋という切り替えの蓋がついていて、

どちらかが開いている時は、もう一方は閉じる状態になっているのです。

寝て緊張がゆるんでくると、上あごの奥の柔らかい部分がゆるみ、

呼吸のたびにそこが振動して、いびきとなるのです。

飲酒の後や疲労がたまっている時、

また肥満で首のまわりに脂肪がついた時にも、いびきをかきやすくなります。

その他、鼻呼吸ではなく口呼吸しても、いびきが出やすくなります。

睡眠時無呼吸症候群などの病気の場合にも、いびきが出るので注意しなければなりません。

枕を低くしたり、横向きに寝ると、いびきはかきにくくなるようです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/01/06

気の力は未だ科学的に未解明

私は現在、東京四ツ谷の気功サロンで気功を教える立場にありますが、

私自身、気というエネルギーは未だ科学的に解明されたものではないと思っています。

特にOリングテストなどをやると、それを深く自覚するのです。

Oリングテストはご存知の方も多いと思いますが、

親指と人差し指などでOの形をつくり、それを引っ張ることでエネルギーレベルを見るテストです。

このテストを使って、色々なパフォーマンスを講座などでやるのですが、

その不思議な現象について、さまざまな解釈はありますが、科学的に解明されたものではありません。

気の力を利用する気功についても同様のことが言えるのです。

もし私がもっと宗教的人間ならば、こんなことで悩まないかもしれません。

神の概念を持ち出し、これを信じなさい、と言えばいいのですから・・・。

でも私は気に関する現象を科学的にとらえたいのです。

そのうち、あと何十年後かには、量子物理学がその謎を解き明かしてくれると期待しています。

しかし逆に考えれば、謎は謎のままがいいのかも知れません。

それだけいつも興味津々でいられるのですから・・・。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/01/05

正常な排泄は健康のバロメーター

正常な排泄とは、毎日かかさず柔らかすぎないバナナ状の便が出ることです。

これが健康の一つのバロメーターと言われているのですが、

この状態になっていない人はけっこういるものです。

それが下痢や便秘です。

下痢は便の水分量が多くなった状態のことですが、

これが体の不調の時のサインでもあるわけです。

例えば傷んだ食べ物を摂取した時、中に入っていた細菌により体に悪い影響が出ないよう、

下痢として早く体外に排出する結果でもあるのです。

その他、胃や大腸の病気(潰瘍性大腸炎や大腸がん)、過敏性腸症候群などの時、

また不安やストレスなど、精神的にダメージを受けた時にも下痢は起こるのです。

 

一方の便秘は、下痢とは反対に便の水分量が少なく、硬くなった状態を言います。

こうなると便は出にくくなりますが、

最近の定義としては3日以上排便されないと便秘と言われるようです。

もちろん個人差もありますので、3日にこだわることはありませんが・・・。

便秘は体調不良や肌荒れなどの原因となります。

便秘解消のためには、朝食をしっかり取り、水分補給も大事です。

その他、豆類、イモ類、野菜、海藻類など食物繊維の多い食事を心がけ、

適度な運動をすると良いでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。