お知らせ

2019/04/30

医者の立場、患者の立場(続き)---過剰医療の問題

前回このコーナーで私は、医者と患者は元々立場が違うので、

本当に患者に寄り添った医者は少ないことを書きました。

今回これに関連して過剰医療の問題に触れたいと思います。

過剰医療とは無駄な診療や医療行為、薬の投与などを指します。

患者が不定愁訴(頭痛、めまい、胃もたれ、不眠、腰痛、咳、鼻づまり、倦怠感、下痢や便秘など)

を訴えた時、医者はそれぞれの症状を緩和する薬を投与するのでしょうか?

10種類以上の薬を飲んでいる人がいますが、これではかえって体調を悪くしてしまいます。

このような状況の裏には、患者と医者の両方に問題があるように思います。

患者には病気は自分の治癒力が治すという意識はなく、

すぐ薬に頼ってしまう薬信仰があるのではないでしょうか。

また医者の側も診療報酬や製薬会社との癒着という面もあるかと思います。

過剰医療は医原病の代表的な例です。

医原病とは医療過誤や過剰医療、薬の副作用等で病気になるケースをいいます。

アメリカでは医原病が死因の第3位というのですから驚きですね。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/04/29

医者の立場、患者の立場

最近、医者に対する不信感を持っている人が多いように私は感じています。

その理由を私なりに考えてみますとーーー

まず、患者の数のわりに医者の数が少ないのではないでしょうか。

病院では1時間2時間待ちは当たり前です。

なかには4時間待ちというのも珍しくありません。

これでは病院に行くだけで疲れてしまいます。

医者の立場からすれば、このような大勢の患者をさばくためには、

多くの時間を一人の患者にかけるわけにはいきません。

だから短時間でのベルトコンベアー式のおざなりな対応になってしまうのでしょう。

 

もう一つの理由として考えられるのは、最近のインターネットの普及です。

スマホで簡単に医療や病気の情報を入手できるので、やたら医学の知識を持った患者が増えているのではないでしょうか。

このような患者は自分の病気や治療方針に対し、色々質問したくなるはずです。

医者がそれにいちいち応えていたら多くの時間がかかってしまいます。

だからおざなりな答えしか返ってこない。

こんなところに医者への不信があるのではないでしょうか。

 

医者にとって患者は、単なる医術の対象者かも知れません。

しかし重大な病気の場合、患者にとって医者は自分の命を預ける絶対者なのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/04/27

私が治すのではなく、患者本人が治すのです

西洋医療の本質は即効性であり、劇的な変化をもたらすことがあります。

その代表例が手術です。

大動脈解離や脳卒中、心筋梗塞など、そのままでは命にかかわる病気を手術で劇的に治すこともできます。

また感染症の原因となっている病原菌を殺す特効薬を投与して、

病状を劇的に回復させることもできます。

このような例を見ると、医者が病気を治した、と言えるのかも知れません。

 

しかし私のように東洋医療である気功をやっている立場から言うと、

私が病気を治した、という言い方はしません。

健康の観点から気功を考えた場合、生命エネルギーである気を高め、

気の巡りを良くすることで自然治癒力を養い、よって病気を治していくと考えるからです。

つまり病気は本人の治癒力が治すのであって、施術者が治すのではありません。

私はあくまでもそのお手伝いをしているわけで、気功ばかりでなく、

鍼灸やマッサージ、カイロプラクティックなどの代替療法の施術においても、

そのような謙虚な気持ちが施術者には必要なのではないでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/04/25

ストレスはすぐ下痢や便秘となって現れる

現代社会はストレス社会と言われるように、職場や家族、ご近所の人間関係をはじめ、

健康や将来の不安などでストレスを抱え込む人がたくさんいます。

このようなストレスは、体のある変化となって現れることがあります。

その代表的なものが、下痢と便秘です。

おもしろいことに、体質により下痢になりやすい人、便秘になりやすい人がいるようです。

 

さて、ストレスが下痢や便秘を生み出すメカニズムは何でしょうか?

ストレスで一番影響されやすいのが自律神経です。

自律神経の役割は、体をある一定の状態に保つ恒常性にあります。

大腸は便から水分を吸収する働きがありますが、ストレスにより自律神経に乱れが生じると、

水分を十分吸収できなかったり(下痢)、吸収しすぎて便を固くしたり(便秘)するのです。

 

ストレスの原因になっている問題を解決するのはなかなか難しいですが、

ストレス状態を緩和する方法はいくつかあります。

いわゆる気分転換がとても大事で、そのための趣味を持つことも必要でしょう。

また気功やヨーガ、運動、体操など体を動かすことも効果があります。

腹式で深呼吸するのも簡単なストレス解消法と言えるでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/04/23

睡眠は健康の基本(続き)・・・日光とともに生きなくなった一部現代人

世の中には夜に活動する、いわゆる夜行性動物がいます。

ヨザルやムササビ、スローロリス、コウモリ、メガネザルなどが有名ですね。

昼間は敵が多いので、安全を確保するため昼は巣の中で寝(身を隠し)、

夜になるとエサを求めて活動するわけです。

人類の祖先である初期の哺乳類も、地球に誕生した最初の頃は夜行性として生きていたようです。

なぜなら、恐竜が絶滅する約6500万年前には初期哺乳類は生存していたわけですが、

恐竜から捕食されないために夜行性動物として生きていたと思われるからです。

人類としての歴史は約500万年もあるのですが、

人類は最初から昼行性動物として、この長い年月をかけて進化してきたわけです。

これがヒトとしての自然の姿で、昼間活動し、夜休息するようにDNAに刻み込まれているのです。

 

さて、現代の私たちの生活を振り返ってみると、このDNAに逆らった生き方をしている人を多く見かけます。

コンビニエンスストアの代表的存在のセブンイレブンは、

最初はその名のとおり、朝7時開店、夜11時閉店という営業でした。

それがいつの間にか、ほとんどのコンビニは24時間営業となっています。

それだけ需要があるわけで、深夜活動している人が多い証でしょう。

このような特徴をもつようになったのは、わずか50年ほどの事ではないでしょうか。

病院や介護施設勤務、消防士などの職業では昔から深夜勤務はありましたが、

多くの場合は勤務時間のシフトの交代制になっています。

つまり昼間の太陽を浴びる時間は多少確保されているのです。

体内でビタミンDをつくるためには日光が必要なのです。

深夜も活動する現代の特徴的生活は、たったの50年ほどの長さです。

人類の歴史500万年に比べたら、ほんの一瞬ですね。

夜行性に対応するよう進化するには、あまりにも短かすぎるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。