お知らせ

2019/08/29

病気の三大要因と中医的見方

病気の原因を病因と言いますが、これには大きく三つあると私は思っています。

それは、ストレスと環境因子と遺伝です。

人によってはこの三つに病原菌を加えることもあります。

ストレスは心という体に内在しているものが病気の原因と考え、

環境因子は体の外からやってくるもの(外在)が原因と考えます。

環境因子には飲食物や運動、睡眠不足、生活環境などを挙げることができます。

これに体が本来持っている遺伝的な要因を加えて三つとしているわけです。

 

さて、この考え方には中医学のある見方と共通しているものがあります。

それは宋の時代に書かれた書物(陳言著の「三因極」)です。

この書物によりますと、病気の原因を外因と内因、そして不内外因の三つに分けているのです。

この時代のことですから、外因を風や寒、暑、湿など六つを挙げ、

内因は心の状態として、怒や悲、憂、恐、驚など七つ挙げています。

不内外因はそのどれにも当たらないものとして、飲食や労倦、房事、外傷などを挙げています。

医学が発達した現代から考えると腑に落ちない面もありますが、

病因の分け方には共通した部分もあり、興味をそそられますね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/08/27

睡眠の意味—男と女どちらがよく眠る?

アメリカには眠らないでも生きていける人がいるそうですが、

これは特種な体をしているのでしょう。

私たちは普通、1日に約7時間くらいは眠ります。

もちろん睡眠の長さは人により違います。

また幼児から子供の頃は長く、歳を取るに従って短くなる傾向があります。

健康な体を保つためには睡眠は絶対的な条件です。

人を何日間も眠らせないでおくと、脳細胞が壊れてしまうからです。

 

睡眠にはレム睡眠(眼球が動く浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)があり、

これが交互に繰り返されるのが通常の眠りです。

レム睡眠の時に私たちは夢を見ているのですが、これは「体の眠り」と言われています。

反対にノンレム睡眠は「頭の眠り」と言われ、大脳を休ませ、その機能を回復させます。

睡眠の意味はこのように体と脳を休ませることにあります。

また各ホルモンは睡眠時に作られることが多いので、睡眠不足になると体調が狂うわけです。

一般的に女性の方が男性より眠りの時間が長いそうですが、これは女性ホルモンと関係があります。

胎児の生育のための黄体ホルモンや、出産後の授乳のためのプロラクチンというホルモンを生産するためです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/08/26

胆汁を作っているのは胆のう?それとも肝臓?

人体の構造や役目について、思い違いをしていることがけっこうあります。

胆のうの役目についても、その代表的なものでしょう。

胆のうは肝臓の下に寄り添うようについていて、ナスの形をした臓器です。

この胆のうが消化液の一つである胆汁を作っている、と思っている人がけっこういるようです。

でも正解は✖で、胆汁は肝臓で作られているのです。

胆のうは肝臓で作られた胆汁を溜めておく袋状の器官で、

ここで水分が吸収され、濃縮されて黄色から黒っぽい色に変化します。

脂っぽい食事をすると胆のうから胆汁が絞り出され、十二指腸へ分泌されます。

この時、胆石と言って、胆のうに石がある人は強烈な痛みに襲われるわけです。

胆石の手術は腹腔鏡によるものが多く、胆のうそのものを摘出してしまいます。

胆のうはなくても、さほど問題ではないのですね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/08/25

ピロリ菌感染率、40代以上で70%?

胃は食物を消化するため、強酸性(PH2.0)の胃酸を分泌します。

これは塩酸のような強い酸性物質で、蠕動運動で食物をどろどろに溶かすわけです。

この強酸性物質で胃壁を荒らしたり、老化で胃の粘膜を保護する物質の分泌量が低下することで、

胃炎や胃潰瘍、胃がんになると昔は考えられてきました。

しかし1980年代にピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)が発見されたことで、

胃炎や胃潰瘍の治療法に大きな変化が出てきたのです。

ピロリ菌は胃の粘膜のヒダの間に住み、強力な酸にも抵抗して生き延びられるそうです。

このピロリ菌が胃炎、胃潰瘍、胃がんなどと密接な関係があることが分かってきたのです。

現在ではピロリ菌の除去治療法が導入されていますが、

日本人がこの菌にかかる感染率は非常に高く、

40代以上では70%にもなるというのは驚きですね。

胃の調子の悪い方は、一度ピロリ菌の検査をしてみたらどうでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/08/22

西洋医学と東洋医学・・・病気に対するアプローチの違い

西洋医学と東洋医学には、病気に対しての考え方に大きな違いがあります。

西洋医学の特徴は、病気の原因になっているものに対し、直接的なアプローチをすることです。

たとえば細菌が原因なら、それを抗菌剤で叩こうとします。

また手術をして、病巣そのものを取り除いたりします。

このような直接的な対処の仕方のメリットは即効性が期待できることです。

しかし作用があれば必ず反作用があるのが世の常であるように、

即効性(作用力)が強ければ、反作用(副作用)も強く出ることが多いのです。

 

一方東洋医学の病気に対するアプローチは西洋医学とは根本的に違っています。

ただ、外気功(内気功ではない)や鍼灸、漢方などは病気への対処に関し、

西洋医学と共通するものがありますが、

その基本的な考え方は、やはり西洋医学とは違っています。

 

生命体には自然治癒力という、生命維持の基礎になる力が備わっています。

東洋医学の特徴は、この自然治癒力や免疫力を高めることで、病気に対処しようとすることです。

このやり方は即効性は期待できませんが、副作用の心配はほとんどありません。

薬や注射や手術ではなく、人間が本来持っている治癒力で対処するやり方が、

体に一番やさしい方法だと私は思っているのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。