お知らせ

2019/11/29

老化と関節痛

老化というのは、筋肉や運動機能の衰えだけでなく、色々な所にその兆候が表れるものです。

目(老眼)や耳(難聴)などの他、口(唾液の減少や歯の欠損)、姿勢(猫背)、骨(骨粗しょう症)、

容貌(シワ、シミ、タルミの増加、頭髪の減少や白髪化)、免疫力の低下(病気に罹りやすくなる)、

認知機能の低下(認知症)など、あらゆる所にその兆候が出ます。

中でも、日々の生活において支障が出るのは関節への影響です。

人は1日に10万回も関節を動かしていると言いますが、それだけ酷使すれば当然傷んでくるわけです。

歳を取れば特に多くなるのが、変形性膝関節症という病気で、

歩くたびに膝に痛みが発生し、車椅子生活になってしまうこともあるのです。

歳を取ると骨と骨の間にある軟骨に十分な栄養がいかなくなり、軟骨が摩耗してきます。

すると、歩くたびに骨と骨がぶつかるようになり痛みが発生するのです。

この病気は特に中年以降の太った女性に多く見られます。

太ると体重が増えて、膝関節への圧力が増します。

また筋肉は体を動かすだけでなく、関節を保護する役目も持っているのですが、

女性はもともと筋肉が少ない上に、歳とともに筋力が低下するので、

膝関節への負担が増えてしまうのです。

この病気の予防と対策は、やはり中年以降は太りすぎないようにし、

また下半身の筋力を維持するために、歩くなどの運動がとても大切です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/28

練功(気功の練習)は継続が大切

私の好きな言葉に「継続は力なり」というのがあります。

何事も根気よく続けることで上達するという意味です。

スポーツでも音楽でも絵画でも、その他仕事上のスキルでも、それを続けることで上達するのです。

さて、東洋医学の中でも外気功はそれほど難しい技術を必要とはしません。

鍼灸やマッサージ、カイロプラクティック、オステオパシーなどは、

その基本の手技や技術にはちょっと難しい部分もあるのです。

だから基本の手技や理論を学ぶのに少し時間がかかるのです。

それと比較して外気功の手技や技術はさほど難しくはないので、誰でも入りやすいのです。

しかしだからと言って、誰でもすぐマスターできるというわけではありません。

やはり練功を継続して行うことがとても大事なのです。

練功に一番良い時刻は朝の4時や5時と言われています。

季節にもよりますが、まだ薄暗い時間帯です。

この時間はまだ皆が活動していないので、空気が清浄なのです。

この清浄な空気の中で練功することが効果的と考えられるわけです。

でもこのような時刻に起きて練功することには大変な努力が必要になります。

三日坊主で終わっては意味がありません。

「継続は力なり」です。ほんの3分でもいい。時刻も気にしなくていい。

とにかく毎日練功することが大切だと私は思っています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/26

インフルエンザの予防接種してきました

毎年冬が近づいてくると、インフルエンザ流行の季節になってきます。

今年はどうも例年より早く流行しているそうです。

今年のインフルエンザの特徴はA型のようですが、後にB型も来るようなので注意しなければなりません。

この病気はインフルエンザウィルスによる感染症で、

38度以上の高熱や関節痛、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などが特徴です。

 

さて先日私は、インフルエンザの予防接種を医療機関でしてきました。

昨年はしなかったのですが、今年は流行が早いと言うことなので、さっそくしてきた次第です。

なにしろ接種から効果が出るのは2週間かかるそうなので、早めの接種が大切ですね。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/25

胃がんになったから痩せたのか、痩せているから胃がんになったのか?

つたない私の経験ですが、今まで私は何人もの胃がんになった人に会ってきました。

偶然でしょうか、面白いことに彼らは皆痩せているのです。

確かに胃がんをはじめ消化器系のがんに罹れば痩せてきます。

多くの場合は胃を切除するわけですから、食事に支障が出るのは当然のことです。

しかし先日、「なぜ体はひとりでに治るのか?」(中西貴之著)を読んで、違う視点があることが分かりました。

私たちの体には脂肪組織があります。太っている人は脂肪細胞にたっぷり脂肪をため込んでいるわけです。

さて、この脂肪組織から、いや脂肪組織だけからアディポネクチンというホルモンが産生されるのですが、

このホルモンには胃がんを抑制する効果があるというのです。

しかしこの細胞は脂肪をたっぷり蓄えすぎると、つまりメタボリックシンドロームになると、

逆にアディポネクチンの分泌量は減ってしまうそうです。

何事も程よい加減というものがあるのでしょうね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/24

痛みと病気の関係

痛みそのものは不快でイヤなものですが、重大な病気のサインでもあるので、健康上とても大切なものです。

体に起こる痛みはさまざまで、歯痛や頭痛、肩痛や腰痛、そして腹痛やヒザ痛などが代表的なものでしょう。

これらのうち、痛みの原因が特定されやすいものは、問題の解決の糸口がすぐ見つかるはずです。

たとえば歯痛の場合は、その歯や歯茎に何らかの炎症が起きていることが推定できるからです。

しかしやっかいなのは、その痛みの奥に重大な病気が隠れているケースです。

頭痛は単なる疲れや目の酷使などでも起きますが、

脳腫瘍や脳出血など重篤な病気が原因の場合もあるのです。

その他、背中や腰に痛みがある時は、膵臓や腎臓、胃に何らかの病気が隠れていることがあります。

また左肩に痛みがある時は心臓病の疑いがあります。

腹痛は内臓の障害そのものが出やすい痛みです。

急性膵炎や膵臓がん、胃潰瘍や胃がん、虫垂炎(盲腸)、十二指腸潰瘍、胆石や胆のう炎、

また下腹部痛では、尿路結石や女性の場合は子宮外妊娠などが原因になることがあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。