お知らせ

2020/10/31

外気功の教室で内気功を教える理由

東京四ツ谷の気功サロンでは、気功師養成講座という外気功の教室を開いています。

医療気功には内気功と外気功があります。

内気功は自分自身の健康を目的に、気のエネルギーを体内に巡らせる功法で、

外気功は他人やペットなどに気を放射し、自分以外の生命体の健康に関与するものです。

気功サロンでは誰でも外気功ができることを目的としていますが、

その教室では内気功も教えています。

その理由は外気功と内気功は表裏一体の関係にあるからです。

内気を訓練すれば外気に至るという言葉があるように、内気功は外気功へ至る道でもあるのです。

また外気功をやっていると体がポカポカと温かくなることを実感できます。

これは内気功をやっているのと同じ状況が生じるわけで、

この意味からも内気功と外気功は深い関係にあることが分かるはずです。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/10/26

精神がたるんでいるから朝起きられないのか?

精神や肉体にある異常な状態が発生した時、その発生のメカニズムが分からない時代においては、

その原因を精神面に求める傾向があったのは事実でしょう。

たとえば子供が朝起きられないのは、「精神がたるんでいるから」とか「だらしないから」ということで、

心の問題にしてしまうことがあったわけです。

しかし医学が進歩し、このような状態をもたらす身体的メカニズムが解明されてくると、

状況はもっと複雑だと分かってきたのです。

朝起きたくてもなかなか起きられないのは「起立性調節障害」という疾患の可能性が考えられるのです。

それはストレスなどにより、自律神経に乱れが生じることで起きるのです。

通常は朝になると自律神経の交感神経が活発になり、血圧を上げて体を活動モードにします。

夜になると副交感神経が優位になり、血圧を下げて休息モードにもっていくわけです。

起立性調節障害は、朝になっても交感神経が優位にならないので、血圧が上がらず起きられないのです。

単なる「なまけ」や「仮病」ではないわけです。

このような例は「うつ病」にもあてはまりそうです。

うつになる人は心が弱いからという見方もされてきましたが、

近年ではモノアミン系の神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリン)の分泌異常が原因と分かってきています。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/10/25

逆立ちしてても食べ物は胃に入るか?

私たちが食べ物や飲み物を口にすると、食道を通って胃に入ります。

通常は口の方が胃より上にあるわけですから、

万有引力の法則によって飲食物は上から下に落下し、胃に入っていくと思われがちです。

それでは胃が口より上にあるような状態では、飲食物は胃に入ることはできないのでしょうか?

普通私たちは逆立ちして物を食べることはしませんが、横に寝ながら食べることはよくあります。

それでも食べ物はちゃんと胃に入っていきますね。

実はそれができるのは食道の構造によるのです。

食道は単に水道のホースのような筒の構造をしているのではありません。

食道の壁は輪状筋と従送筋という筋肉の二重構造になっていて、

この二つの筋肉により、収縮と弛緩の波打つような蠕動運動を繰り返しているのです。

それにより口より胃が上にあっても、飲食物は順調に流れていくのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/10/22

年1回の「気功特別セミナー」は今年は中止いたします

東京四ツ谷の気功サロンでは、毎年1回11月に「気功特別セミナー」を開いてきましたが、

今年は中止にしたいと思います。

昨今のコロナ感染症はいまだ収束の兆しが見えないため、イベントは控えることにした次第です。

感染状況によっては来年春の開催もありえると思いますが、現時点では何とも言えません。

来年11月には例年通り開催する予定です。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/10/20

歳を取るとなぜ猫背になるの?

世の中を見渡せば、かなりお年を召した方には猫背になっている人が多いように見受けられます。

これも老化現象の一つと考えられますが、歳を取るとなぜ猫背になるのでしょうか?

実は、私たちの姿勢を保っているのは筋肉の働きによるのです。

筋肉(ここでは骨格筋のことですが)の働きは関節に付着して体を動かすことが主ですが、

ある状態に姿勢を維持することも筋肉の役目なのです。

私たちの姿勢の基本は背骨です。

背骨には脊柱起立筋という筋肉がついています。

その他、広背筋や腹筋などで姿勢を保っているのですが、

歳を取ると筋肉が衰えてくるので姿勢を保つことが難しくなるのです。

人類は直立二足歩行を始めたことで、重い頭を支えなければならなくなりました。

頭(首から上)の重さは人にもよりますが、5~7キロもあるのです。

背骨を支える筋肉が弱ってくると、この重い頭を支えきれず猫背になってしまうのです。

また高齢の女性は骨粗しょう症になりやすく、脊椎の圧迫骨折の危険があるので、

よけい猫背になってしまうのです。

だから若さを保つために背骨を支える筋肉はもちろん、体幹の筋肉を鍛えましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。