お知らせ

2020/11/29

医食同源の大切さ

「医者に患者は治せない。治すのは患者自身である」---ある医者の言葉です。

私たちの健康にとって最も大切なものは、病気を治すことではありません。

病気にならない体をつくることではないでしょうか。

医食同源という言葉がありますが、健康のためには食生活そして生活習慣が重要なのです。

私たちの体は本来、健康になるようにできています。

それは体内の免疫システム、ホメオスターシス(恒常性)のための自律神経やホルモン分泌のシステムを見れば明らかでしょう。

それを体に悪いこと(暴飲暴食や喫煙、運動や睡眠の不足、ストレス過剰など)をすることで病気になるのです。

その証拠に、ヘビースモーカーで大酒飲みの肝臓の数値は悪いですが、

お酒とタバコをやめただけでも、数値は良くなるではないですか。

本来私たちが持っている健康を志向する体のシステムを強化するのが予防医学であり、

この分野は気功をはじめとする東洋医学の得意とするところなのです。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/24

気功のお蔭かーーー中国の感染者数

今年は世界中が新型コロナウィルスに振り回された年でした。

アメリカをはじめ、インドやブラジル、ヨーロッパ各国でも猛威を奮っています。

感染者数1位のアメリカは1千万人をこえ、2位のインドは900万人、3位ブラジルは600万人です。

これらの国は人口が多いので感染者数も多いのですが、

世界で最も人口の多い中国では意外と少なく、また今回の感染症の発症の国であるにもかかわらず、

いまだ9万人以下ということに皆驚くのではないでしょうか。(実際の感染者数はもっと多いという話もありますが)。

これには色々な理由が考えられます。

まず東アジアで流行したウィルスとヨーロッパやアメリカで流行したウィルスは型が違うという説。

また中国は超監視社会なので、このような異常事態には対処しやすいという説。

他には、マスク着用など衛生に関する文化の違いや、

白人と黄色人種の今回の感染症に対する免疫力の遺伝的な違いなどです。

まあこれらは単独ではなく、複合的にかかわっているのかも知れませんが・・・。

さて、マスコミは何も触れませんが、私は気功もその要因だと思っています。

気功は中国が発祥の地であり、庶民の間に深く根付いている健康養生法です。

気功は免疫力を高める効果があると言われていますので、

今回の感染症に対しても有効だったのではないかと推察するのですが・・・。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/21

感染症への体外対策と体内対策

新型コロナウィルスによる感染症は、11月に入って再び増加しはじめました。

第3波がきていると言ってもいいでしょう。

この感染症への対策として、マスコミは連日のように以下の事を言っています。

①こまめな手洗い、②密を避けるソーシャルディスタンス、③人混みでのマスク着用などです。

最近では会食中でもマスクの着用を勧めるなど細かな提言までしています。

さて、これらの感染症対策はすべてウィルスを体の中へ侵入させないためのもので、

私はこれを体外対策と呼んでいます。

しかしこの体外対策だけでは片手落ちではないでしょうか。

もう一つ重要な対策があります。それが体内対策です。

体内対策とは、たとえウィルスが体内に侵入したとしても、

それをやっつける免疫システムが強ければ発症しないわけで、

この免疫力を強化する対策のことです。

世の中には、1年のうち何回も風邪(これもほとんどがウィルスが原因)にかかる人がいます。

一方で、ここ何十年も風邪をひいたことがないという人もいます。

この違いはどこにあるのでしょうか。

たぶんそれは体外対策ではなく体内対策によるのだろうと私は思っています。

皆様、体内対策にもっと注目して下さい。

健康体をつくるために、食事や運動、睡眠、そしてストレスをためない生活を心がけましょう。

また、気功の目的の一つは免疫力を上げることですので、気功にも注目していただきたいと思っています。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/18

アルコールの功罪

今年ももう11月半ばです。年末が近づいてくるとお酒を飲む機会も増えてきます。

しかし今年はコロナの影響で、大人数での宴会は敬遠されているようですが・・・。

さて、タバコは百害あって一利なしと言われますが、お酒はどうでしょうか?

大酒(飲みすぎ)は体に害になりますが、小酒(少量)は健康に良いと言われています。

もちろん小酒の基準は人それぞれで、

アルコールの毒素であるアセトアルデヒドの分解酵素を持っていない人(いわゆる下戸)にとっては、

少量のアルコールでも体に悪影響をもたらします。

ただし、この分解酵素を遺伝的に持っている人でも、飲みすぎは体に良くありません。

アルコールの害としてよく言われるのが肝臓への影響です。

肝臓はアルコールの毒素を分解する働きがありますが、飲み過ぎると分解が間に合わないのです。

すると肝炎から肝硬変、そして肝がんになるリスクを高めてしまうのです。

またこの毒素は脳にダメージを与えることにもなります。

少量のアルコールの良い点を挙げれば、まず気分を高揚させ、ストレス解消に役立つことでしょう。

また胃酸の分泌を促し、食欲を増進させる効果もあるようです。

ただし飲み過ぎると、胃壁を保護している粘膜を傷つけ、胃炎や胃潰瘍の原因にもなりかねません。

なんでもそうですが、やはり適量というのが健康にとって一番大事なようですね。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/14

今年の気功サロン忘年会は中止します

東京四ツ谷の気功サロンでは、さまざまなイベントが実施されてきました。

外気功施術師の認定証授与式をはじめとして、神宮花火を観る会や神社巡りツアーなどです。

なかでも忘年会は最も古いイベントで15年の歴史があります。

しかし今年はコロナの影響で大きな宴会はしづらい状況になっていますので、

残念ながら忘年会は中止にしたいと思います。

新型コロナウィルスは11月に入ってから再び猛威を振るいはじめ、

なかなか収束の兆しが見えません。

そのせいで気功サロンのイベントは軒並み中止になってしまいました。

ワクチンが開発されたとの明るいニュースもあり、

来年は社会全体が元の通常な状態に戻ることを祈っています。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。