お知らせ

2021/09/30

幸福の扉ーーーポジティブとネガティブの間

幸福とはどういう心の状態を言うのでしょうか。

幸福になるためには、何らかの条件(収入とか健康)が必要なのでしょうか。

幸福が収入と比例するという考えを持っている人は少ないと思いますが、

この二つは全く関係がないということが、色々な実験で明らかになっています。

エレーヌ・フォックス著の「脳科学は人格を変えられるか」によると、

グレッグ・イースターブルック博士の調査ではーーー

「アメリカとヨーロッパでは、

1950年代からこれまでの半世紀を超える歳月で富はめざましく向上したが、

人々が感じる幸福度は横ばいで、しかも不安や抑うつの発症率は大きく上昇している。

その他の調査でも人々の幸福度は少しも上昇しておらず、多くの人が未来に対し深い悲観を抱いている」

という結果が得られた、というのです。

「社会の物質的豊かさと、そこに住む人々が感じている幸福や安心の度合いには何の関連も認められなかった」

ということが書いてあります。

幸福とは何でしょうか。

私は、それは心の状態、つまり気分の問題だと思っています。

楽しく、ウキウキし、穏やかで落ち着いた気分の時、私たちは幸せを感じるのではないでしょうか。

反対に、悲しく、イライラし、落ち着きがなく、不安で恐怖を抱く時、不幸だと感じるのだと思います。

この心の状態(気分)には、ある心理傾向が関係しています。

つまり、ある一定の条件があった時、それをポジティブにとらえるか、ネガティブにとらえるか、ということなのです。

心理学でよく使われる有名な問題があります。

「コップに水が半分入っている時、半分も入っていると感じるか、半分しか入っていないと感じるか」は、その人の心理傾向によるのです。

ポジティブに考えれば安心感が出ますが、ネガティブに悲観的にとらえると、不安で落ち着かなくなります。

だから、心理的にはポジティブな楽観論が幸福への扉を開くことになるのでしょう。

でもこの心理傾向は遺伝的に決まっている、と考えることもできます。

たしかにそうなのですが、エピジェネティクスの理論によれば、その後の環境や考え方で、遺伝的なものも変えられるのです。

これは大変嬉しい理論ですよね。

ただし私は、ポジティブが絶対的な善でネガティブが悪だとは思っていません。

ネガティブに色々なことを不安視するから、その対策も生まれ、人類は生きながらえた、とも言えるからです。

ポジティブとネガティブーーーどうバランスをとっていくか、が大事なのでしょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/09/28

エピジェネティクスとは何かーーー遺伝の新常識

昔、私たちが習った遺伝の仕組みはダーウィンの進化論を元にしていました。

それによると環境にうまく適応できた生物だけが生き残り、

その遺伝子は何世代もかけてゆっくりと変化していくというものでした。

しかし近年、エピジェネティクスという学問により、

上記の考えに変更をせまることになったのです。

私たちは皆、ヒト特有の遺伝子を持っていますが、

その遺伝子はスイッチがONになることで発現するのです。

そしてこのスイッチをONにするには、環境が大きく関わっていると言うのです。

つまりDNAは絶対ではなく、常に変化しうると言うのです。

さらに驚きなのは、この変化したDNAが後世に伝わるという点なのです。

たとえば妊娠中にタバコや深酒をしていれば、生まれてきた子に悪影響がでますが、

実は、その子の子供(つまり孫)にも影響が出るというのです。

飢餓や喫煙、飽食、愛情の深さなどの環境要因が、その後の世代に影響を与えるのです。

そういえば、虐待は連鎖するという話をよく聞きます。

親から虐待を受けた子は、自分の子にも、その子はまた自分の子にも虐待してしまうというのです。

虐待遺伝子なるものが存在するかどうかは分かりませんが、虐待する心理傾向は遺伝してしまうのでしょうか。

アメリカの細胞生物学者のブルース・リプトンは言っています。

「遺伝子は単なる生物の設計図にすぎず、意識とか環境が細胞をコントロールし、遺伝子の振る舞いを変えるのだ」と。

だから、笑いとか喜びの感情が病気を癒し、逆に悩みとか怒りといった負の感情が病気にさせるという、

いわゆる「病は気から」という現象も、このエピジェネティクスの概念からよく説明できるわけです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/09/26

ウィルスは生物なのか

昨今の新型コロナウィルスをはじめ、インフルエンザなど、さまざまな感染症の原因にウィルスがあります。

感染症(伝染病)の原因にはウィルスの他、細菌やカビ、真菌類、寄生虫などがありますが、

この中でウィルスは特異な存在なのです。

つまり、ウィルスはそもそも生物なのか、という問題が出てくるのです。

実はウィルスは生命の基本である細胞を持っていません。

だから、それ自体では生きていくことができないのです。

単なる化学物質のようなものなのです。

それでウィルスは生きていくために、他の生命体の細胞に寄生するのです。

そして宿主の機能を勝手に使って自分をコピーし、大量に増殖してしまうのです。

ウィルスは遺伝物質の違いから、DNA型とRNA型に分けられます。

DNA型ウィルスは、天然痘や単純ヘルペス、帯状疱疹、B型肝炎などの原因となるウィルスで、

一方、RNA型は、昨今のコロナウィルスをはじめインフルエンザ、ノロウィルス、C型肝炎、狂犬病の原因となります。

RNA型はちょっとやっかいで、自己複製のスピードが速く、また変異しやすいという特徴を持っています。

今回のコロナウィルスにおいても、デルタ株とかミュー株とか次々と新しいものが出てくるので、

その対処が難しくなってしまうわけです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/09/23

外気功ダイエット説明会の参加者募集中です

気功は健康の他、病気への対処、体力保持などいくつもの効果がありますが、

ダイエットにも有効ということをご存知ですか?

全身外気功を受けることで代謝が良くなり、ダイエットにつながるのですが、

ここに外気功ダイエットの特徴があります。

それは、ただ痩せればいいということではなく、健康を第一に考えているからです。

外気功ダイエットは、その人にとってちょうど良い体重に持っていくのです。

太り過ぎは健康に良くありませんが、実は痩せ過ぎも良くないのです。

バランスのとれた適正な体重を維持できることが、健康上とても大切なことなのです。

今年最後の外気功ダイエットの説明会を下記要領で行ないますので、皆様奮ってご参加下さい。

日時:1回目 10月14日(木) 18:00~19:00

2回目 10月20日(水) 15:00~16:00

*2回とも同じ内容です。ご都合良い日をお選び下さい。

参加費:一人 1000円

場所:気功サロン 東京都新宿区四谷2-3-6

特典:当日参加の方に、耳つぼ施術の無料実施。拙著「バランス思考」を差し上げます。

お申込み:気功サロンのホームページまたは私(中島)の携帯080-6584-4965までご連絡下さい。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/09/20

ウィルスへの対処ーーー体外対策と体内対策

昨今の新型コロナウィルスのパンデミックは、まだ収束の見通しが立ちません。

このところ感染者数も減ってきているのですが、この先どうなるかは、まだ分かりません。

このコロナウィルスは今後も完全になくなることはありませんので、

どのように付き合っていくかという視点で見ないと、経済とのバランスが保てないでしょう。

さて、ウィルスに限らず様々な病気(感染症)の原因となる細菌には、大きく分けて二つの対策があります。

これは私の造語ですが、体外対策と体内対策です。

体外対策とはウィルスや細菌が体内に入るのを防ぐ対策で、

具体的には、手洗いやマスク着用、三蜜を避ける、不要不急の外出を控える、飲み会や旅行、各イベント等の自粛などです。

こんなことをやっていれば、当然経済は疲弊してきます。

もう一つの体内対策とは、ウィルスや細菌が体内に入ってきても、それを防御する免疫力を高める対策です。

世の中には、しょっちゅう風邪をひいている人がいる一方で、ここ何十年も風邪をひいたことがないという人もいるのです。

この差はいったいどこにあるのでしょうか。

それは免疫力とか自己治癒力という、本来生物が持っている力が高いか低いかによるのです。

昨今の新型コロナウィルス感染症に対し、マスコミは体外対策しか言いません。

感染拡大を防ぎ、しかも経済を活性化するには、体外対策とともに体内対策も同時に進めなければならないのです。

私は長年気功を生業としてきていますが、気功は免疫力を高めると言われています。

しかしマスコミは気功の気の字も言わない。

う~ん、残念ですが、気功の効果についてはまだ科学的な検証が十分ではないということなのでしょう。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。