お知らせ

2021/12/31

気功サロンからのお礼ーーー今年もありがとうございました

この2年間はコロナ禍で大変な年でしたが、

2021年も今日は大晦日。なんとか無事に年を越せそうです。

これもひとえに気功サロンを支援してくださった皆様方のお蔭と感謝しています。

来年は1月12日(水)から営業を開始致します。

来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/12/29

血液型と白血球による体質の関係

医学博士の安保徹氏によると、血液型と白血球の内訳には関係があるというのです。

私たちの免疫の働きを担っているのが白血球ですが、

一言白血球と言っても、その種類は色々あります。

マクロファージが約5%、顆粒球が54~60%、リンパ球が35~41%くらいだそうです。

顆粒球もその中味は、好中球、好塩基球、好酸球などに分かれ、それぞれの働きがあります。

リンパ球にもT細胞やB細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞などの種類があるのです。

マクロフアージは最初に異物を見つけると、それを貪食し、異物の正体を他の白血球に伝えます。

相手が細菌などの大きな異物に対しては顆粒球が働き、それを食べてしまいます。

しかしウィルスなどの小さい物にはリンパ球の出番で、彼らをやっつけてしまうわけです。

さて、顆粒球やリンパ球は、その人によって持っている割合にバラツキがあるのです。

安保教授が指摘しているのは、顆粒球が多い人(顆粒球人間)とリンパ球が多い人(リンパ球人間)がいて、

それが血液型と関係している、というのです。

人間ドックで血液検査をした5000人を対象に調べたところ、

リンパ球の多い血液型は順に、O型、B型、A型、AB型だったそうです。

顆粒球の多い人の血液型はこの逆で、AB型、A型、B型、O型の順だそうです。

もちろん全ての人がこのようになるわけではなく、あくまでも一般的な統計上の数字ですが、

O型はリンパ球人間でAB型は顆粒球人間と言うことができるでしょう。

顆粒球は自律神経の交感神経の支配を受けているので、忙しく活動的に働いていると増えるそうです。

逆にリンパ球は副交感神経の支配下にあるので、ゆったりと落ち着いた生活で増えるそうです。

そういえば、特にがん細胞をやっつけるリンパ球のNK細胞はストレスにさらされると減ってしまい、

逆に笑ってゆったりとした気分で増えると言いますが、

この点からも、がんとストレスは大いに関係があると言えるでしょう。

安保教授によると、顆粒球の多い人は肌が少し黒くなり、骨格や筋肉が発達してくるそうです。

逆にリンパ球の多い人は色白でぽっちゃり、筋肉よりも脂肪がつきやすいと言います。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/12/26

血液型による性格と病気の関係(3)

今まで私は、ABO式血液型と性格は全く関係がないという世界的な定説に対し、

血液型によって病気に罹りやすさが違うことを考えると、

一概に血液型と性格は全く関係がないとは言えないのではないか、ということを

藤田鉱一郎医師の著書を参考にして述べてきました。

さて、この観点を補足する事例がありますので紹介してみましょう。

ある損害保険会社が交通事故と血液型との関係を調べたところ、

慎重だと言われるA型の人の事故率は34%と低く(A型は約40%います)、

逆に自己主張が強く、フロンティア精神にあふれたO型の人の事故率は35%(O型は約30%)と高かったそうです。

また血液型と職業との関係をみると、とても面白い事実が分かってきました。

一流のスポーツ選手は、野球でもサッカーでも、柔道、水泳、マラソンでもO型とB型が圧倒的に多いそうです。

また男性の国会議員にはO型が多く、歴代の総理大臣のほとんどがO型だそうです。

これとは反対にA型の人が多いのは報道番組のキャスターとか作家だそうです。

ところでAB型についてはどうでしょうか?

日本歯肉療法学会というのがあり、歯肉を治療する医療で、毎日コツコツとやる仕事なのですが、

ここの学会員は実に40%がAB型の人で占められているそうです。

しかもこの学会が開設された20年前から、この割合は変わっていないそうです。

AB型の人は約10%ですから、40%というのは、ちょっと不思議な気がします。

このように職業によって血液型が偏るというのは偶然なのでしょうか。

やはりその職業に適した血液型というのがあるような気がします。

それは血液型が多少なりとも性格に影響するという証拠なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/12/24

血液型による性格と病気の関係(2)

前回私は、よく巷で言われる(日本は特にその傾向が強いが)血液型と性格について、

世界的には、その関係はないというのが定説になっていますが、

医学博士の藤田鉱一郎氏によると、血液型によって罹りやすい病気があり、

その関係で性格が特定されやすくなる、という話をしました。

血液型と病気の関係は医学的な根拠があるので、藤田説はあながち的外れとは言えないようです。

血液型と病気の関係を具体的に言いますと・・・、

A型が罹りやすい病気は、天然痘や肺結核、マラリア、ノロウィルス感染、胃がん、食道がん、

子宮がん、乳がん、糖尿病、心筋梗塞、リウマチ熱、肝硬変など。

逆に罹りにくい病気はペストだそうです。

O型が罹りやすい病気は、コレラ、ペスト、病原性大腸炎、インフルエンザ(A2型)、胃潰瘍など。

逆に罹りにくい病気はとても多く、梅毒、天然痘、肺結核、肺炎、胃がん、食道がん、子宮がん、

乳がん、糖尿病、悪性貧血、リウマチ熱、狭心症、脳梗塞、心筋梗塞、肝硬変などです。

B型が罹りやすい病気は、肺結核、肺炎、フィラリア、インフルエンザ(A1型)など。

逆に罹りにくい病気は天然痘です。

AB型が罹りやすい病気は、梅毒、天然痘、肺炎、インフルエンザ(A1型)など。

逆に罹りにくい病気は、コレラ、フィラリア、ノロウィルス感染などです。

A型は病気全般に対して免疫力が弱いので、色々な病気に罹りやすいと言えるようです。

それと逆なのがO型で、抗原量が多く免疫力が高いので病気には強いと言えるでしょう。

その次に病気に強いのがB型だそうです。

さて、このことと性格との因果関係ですが・・・、

A型の人は何事にも慎重で協調性が高いと言われますが、

病気に弱ければ大胆なことはできず、慎重にならざるを得ないでしょう。

また感染症に対しては、皆で協力して立ち向かわなくてはならないため、協調性が高くなったと言うのです。

逆にO型の人は病気に強いので、あまり病気を恐れることがないため、大胆で社交的になったというわけです。

う~ん、この理屈はスジが通っていますが、性格形成は遺伝や養育環境の要素が強いので、

参考までに考えていた方がいいでしょう。

ただし、次回に譲りますが、職業と血液型にも関係があるようで、

そこには何か性格的な特性がからんでいるのかも知れません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/12/22

血液型による性格と病気の関係(1)

ABO式血液型と性格の関係性は以前から話題になってきました。

特に日本では何かと話題になることが多いようです。

日本ではA型、O型、B型、AB型の順に、4対、3対、2対、1の割合になっています。

よく言われる性格はA型は慎重で生真面目、協調性がある。

O型は積極的でおおらか、大雑把。B型はマイペースで気分屋。

そしてAB型は性格が複雑で二重人格、と言ったところでしょうか。

ただし性格というのは、そんなに単純なものではなく、

遺伝的要因や育った環境など色々な要素で形成されていくわけで、血液型だけで決めつけるのはナンセンスでしょう。

また、医学的に性格と血液型の関連性を否定する論文もあり、お遊びの範囲で会話を盛り上げる題材程度に考えていた方がいいのかも知れません。

しかし最近、医学博士の藤田鉱一郎氏の「パラサイト式血液型診断」という本を読んだのですが、

血液型と罹りやすい病気には関連があるというのです。

そしてそのことが性格形成に影響するのではないか、と問題提起しているのです。

詳しくは次回のこのコーナーで述べますが、面白い視点であり、血液型と性格は全く関係がない、とは言えないのかも知れません。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。