お知らせ

2022/02/27

外気功講座「マスターコース」の意味

東京四ツ谷の気功サロンでは気功師養成講座を開いています。

その目的は誰でも「手当て」や「手かざし」といった部分外気功をできるようにすることです。

講座は入門講座から始まり、基礎講座→応用講座→特別講座の前編と後編と進み、

確実にステップアップするようなプログラムが作られています。

一応、特別講座の後編で一区切りとなるのですが、

もっと勉強したいという人のために、マスターコースという講座も設定されています。

この講座の意味はーーー部分外気功の基本的なやり方、その基礎は特別講座で教えているのですが、

それだけで、つまり基礎が分かっただけでは、外気功が上手になったとは言えないからです。

外気功が上達するためには練習が必要で、場数を踏むことが大切なのです。

このことは気功に限らず、ピアノなどの楽器演奏やスポーツでも言えることです。

お互いが気を出し合ったり、気を感じたりする場が必要で、それがマスターコースなのです。

また入門から特別までの講座では教えられなかった内気功や遠隔気功もプログラムに入っています。

気功の上達には限界がありません。

是非、自分やまわりの人の健康をアップする気功を日常の中に取り入れてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/02/24

後天の気のつくるもの

精子と卵子が受精した瞬間から新しい命が生まれたと考えられるので、

この時点で生命の素である気もできたと言えます。

この気を先天の気と言って、命が終わるまで存在し続けます。

人が誕生し、この世に生を受けた時点で、赤ちゃんは肺呼吸を始めます。

そして、お母さんのおっぱいを飲み始めるのですが、

この水穀(飲み物と食べ物)と呼吸より生まれるのが後天の気です。

後天の気は以下のさまざまなものの原料としての役割があります。

少し理屈っぽい気がしますが、宗気、営気、衛気、津液、血の素になるのです。

宗気とは上焦(胴体の上部)に集まる気で呼吸や発声を司ります。

営気は血液の中を流れる気で、気血と素になると言われています。

また中焦(胴体の真ん中部分)に集まります。

衛気は脈外を流れる気で、下焦(胴体の下部)に集まり、

体表の保護や外邪の侵入を防ぎ、体温の保持の役目があると言われています。

津液は血液以外の体内の水分のことで、汗や涙、唾液などの素になります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/02/20

メンタルとフィジカルのつながり

「病は気から」という言葉は、精神(心)と肉体の関連性を示していて、

ストレスなど心の負の状態が体の病気を招く、という意味です。

これは病気の原因という観点からの言葉ですが、

他の観点(たとえばスポーツ)においても言えるようです。

この場合によく使われる言葉は、メンタル(精神)とフィジカル(身体)です。

フィジカル的に良いパフォーマンスをするためには、メンタルの良い状態が必要なのです。

北京冬季オリンピック大会では、上記の言葉のつながりを示したシーンがいくつもありました。

女子フィギュアスケートでは、圧倒的な強さで金メダル最有力候補のカミラ・ワリエラが、

大会中にドーピング疑惑をかけられ、メンタル的に不安定な状態でフリーの演技をした結果、

信じられないようなジャンプミスを繰り返し、結局メダルは取れなかったわけです。

そのお蔭で日本の坂本花織が銅メダルを獲得したのですが、

素直に喜んでいいのかどうか、ちょっと複雑な心境になるのですが・・・。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/02/17

ウィルスって何?ーーー生物と無生物の間

新型コロナウィルスによる感染症の世界的パンデミックは発生から2年が経過し、3年目に入ってしまいました。

収束の兆しが見える国もありますが、最近になって過去最高の感染者を出した国もあり、

いつこの騒動が終わるのか気が気ではありません。

さて、感染症になる原因は大きく分けて二つあります。細菌とウィルスです。

細菌が原因の感染症としては、コレラやチフス、赤痢、ジフテリア、ペスト、結核などがあります。

一方、ウィルスが原因の病気は今回のコロナウィルスによるものをはじめ、インフルエンザ、エイズ、ノロウィルス胃腸炎の他、ほとんどの風邪はウィルスが原因です。

さて、体内に侵入した病原体という観点から言えば、細菌もウィルスも同じように見えますが、

この二つには大きな違いがあるのです。

ウィルスは細菌の10分の1から200分に1ぐらいの大きさしかありませんが、

その最大の違いは、その構造にあります。

細菌は一つの細胞を構成し、核(DNA)や自己増殖のための器官を持っていますが、

ウィルスは遺伝子が殻に包まれただけの簡単な構造です。

つまり、ウィルスは単なる化学物質のようなもので、これだけでは自己増殖できないのです。

生物と無生物の違いは何かと問われれば、私は自己を増やせるかどうか、

子孫を残せるかどうかの違いだと思っています。

バクテリアをシャーレに入れて、適度な温度と栄養があれば、

一つは二つに、二つが四つにと分裂し増殖していきます。

だからこれはまぎれもなく生物なのです。

しかしウィルスはそこにあるだけでは自己増殖できません。これでは生物とは言えないでしょう。

しかしウィルスが恐ろしいのは、体内に侵入して細胞内に入り込むと、

それを宿主として自己増殖していくという点なのです。

また細菌には効く抗生剤もウィルスには効果がありません。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/02/15

「病は気から」の気の解釈

「病は気から」は心と体の関連性を示した言葉で、

ストレスなどで心が負の状態になると体に悪影響が出て、それが病気につながるわけです。

つまり、この場合は心の状態を気で表現しているのですが、

もっと素直に病気の原因が気という言葉と解釈できるようです。

たとえば、何か大きな目的を達成した時や何かに失敗して意気消沈した時などに、

「気が抜けた」とか「気が萎えた」という言い方をします。

また期待を裏切られてがっかりした時に「気落ちした」と言います。

このような時に病気になりやすいのではないでしょうか。

逆に、ある目的に向かってがんばっている時や大きな仕事に意欲的に取り組んでいる時など、

「気が張っている」という表現をしますが、

このような時には、あまり病気にならないような気がします。

つまり、病気になるかならないかは、その時の気の状態によるわけで、

まさに「気の持ちよう」なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。