お知らせ

2022/03/31

健康の基本条件②ーーー食事の量

健康と食事の関係は明白ですが、食事に関しては、その栄養面だけがクローズアップされているように思います。

もちろん栄養は大事な要素ですが、実は食事の量や食べる時間と時刻、その時の雰囲気も大切なのです。

まず食事の量についてですが、「腹八分に医者いらず」という言葉があるように、

腹いっぱい食べず、八分目くらいにしておくのが健康には一番いいようです。

動物実験ですが、与えるエサを60%に制限したマウスと、

自由にエサを与えたマウスを比較すると、前者の寿命が15~30%も延びたという研究があります。

もちろんこの場合の制限食には、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素は必要量入っています。

ただ総カロリー量が減っているので、自由摂取グループに比べて体重が半分以下と小さかったようです。

動物実験がそのまま人間に当てはまるか分かりませんが、

現代の先進国にある腹いっぱい食べられる環境は、

肥満を引き起こし、心臓病の増加も見られ、けっして健康的ではないでしょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/03/29

健康の基本条件①ーーー食事の栄養

健康な生活を送るためには何に注意したらよいでしょうか?

よく言われるのが、以下の四つの条件です。

①食事、②運動、③睡眠、そして④心の状態です。

まず食事についてですが、これはとても大きな問題でしょう。

なぜなら、日々食べる物によって私たちの体は作られており、また活動のエネルギーになっているからです。

食事に関しては、次の要件があるでしょう。

①食事の栄養面、②食事の量、③食事時間、④食事時の雰囲気です。

食事の栄養面についてですが、とにかく偏った食品には問題があります。

日本の場合、戦後大幅に消費量が増えたのが肉類です。

肉に関しては「食べると早死にする」という否定派と、

「歳とっても大いに食べなさい」という肯定派の意見があります。

それぞれの言い分がありますが、体質は各自違いますので、紋切型の言い方はできないでしょう。

要は自分の体質と相談しながら、バランスを考えて摂ることです。

ただ肉類に関して客観的事実を言いますと、食事内容が洋風化してきています。

昭和30年代と比べると、現代は総カロリー数やタンパク質の摂取量はあまり変わらないのですが、

動物性の脂肪は2.5~3倍に増えてきました。

それに従って、大腸がんや乳がんなどの欧米型のがんが増えてきたのです。

また沖縄県はかって日本の代表的な長寿県でしたが、

戦後は伝統的な沖縄料理を若い人が食べなくなり、

ハンバーガーやフライドチキンといったファストフードが好まれるようになった結果、

県別の長寿ランキングで大きく下落してしまったのです。

これらの事実は食事の栄養面が健康と大きくリンクしていることを物語っています。

一般論として言えることは、健康のためには野菜類や果物類を多く摂るといいでしょう。

これらの食材にはポリフェノールなどの抗酸化物質が多く含まれているからです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/03/26

深い呼吸が長生きのコツ

私たちは休むことなく呼吸をしていないと生きていけません。

これほど大事な呼吸ですが、健康の要素としてちょっと軽んじられているように思われます。

その原因は、ほとんどの場合、呼吸は無意識で行なっているからではないでしょうか。

つまり意識していないと、その大切さが分からないのですね。

呼吸は意識と無意識の両方でできます。

普段無意識でやっている呼吸はとても浅いのです。

普通の人の平均で、1回の呼吸で約500mlの空気の出し入れをしています。

しかし最大呼吸量は人にもよりますが、だいたい2500ml~3500mlぐらいです。

スポーツ選手などは6000mlという人もいます。

つまり私たちは普段の無意識的呼吸では、最大呼吸量の7分の1程度の浅い呼吸しかしていないわけです。

吸う息と吐く息の成分は違います。

吸う息(まわりにある空気)には酸素が約21%、二酸化炭素は0.04%ほどですが、

吐く息では酸素が減って、約16.3%になり、逆に二酸化炭素は4.5%に増えてしまいます。

呼吸の基本は吐くことにあり、吐ききると自然にたくさんの空気を吸えます。

ちょっとしか吐かない(浅い呼吸をする)と、ちょっとしか吸えません。

だからたくさんの酸素を体内に取り入れるためには深い呼吸が必要なのです。

ただし深い呼吸は意識しないとできませんので、

健康のためには、1日のうちで何分間かは意識して深呼吸しましょう。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/03/24

NK細胞はとてもデリケート

外敵をやっつける免疫系の中でも、とりわけがん細胞を攻撃するのを得意とした白血球があります。

リンパ球の一種でNK(ナチュラルキラー)細胞と言われるものです。

病気はがんに限らずストレスと深い関係にあります。

これは外敵(ウィルスや病原菌)と闘う免疫の力が精神状態と大きく関わっていることを意味します。

特にNK細胞はこの傾向が顕著なので、

ストレスがたまるとがんになりやすい、と言われる根拠はここにあるのかも知れません。

NK細胞はとてもデリケートな細胞です。

1日のうちでも、その活性が高い時と低い時があるのです。

朝の9時前後と夕方5時頃は高く、夜寝ている時は低くなります。

つまり、日内リズムに左右されるほどデリケートなわけです。

だから夜更かしをしたり、夜勤で昼夜逆転の生活になると、とたんにNK細胞の活性は低くなるのです。

不規則な生活をしていると風邪をひきやすくなり、体調を崩すリスクが高まる理由はここにあるのかも知れません。

免疫力を高めるには、適度な運動やバランスのとれた食事の他、

規則正しく楽しい、やりがいのある生活が大事と言えるでしょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/03/21

ストレスとはその付き合い方が大事

ストレスというと、一般的には悪いイメージがあります。

「病は気から」という言葉があるように、ストレスが病気の原因の一つであることは間違いありません。

このことは精神神経免疫学という比較的新しい学問で科学的に証明されています。

さて、現代はストレス社会と言われていますが、反対にストレスが全くない状態を考えてみましょう。

お金がふんだんにあり、何に使っても構わない。時間的な自由もある。

とがめる人は誰もいない。好き勝手に何でもできる状態があったとしたら、

その人の心はどうなるでしょうか。

たぶん、ストレスがない状態がストレスになるのではないでしょうか。

つまり私たちはストレスをなくすことはできないのです。

大事なのはストレスをなくそうとすることではなく、どう付き合うかという視点なのです。

ストレスには良いストレスと悪いストレスがあります。

良いストレスとは、人生に何らかの目標をたて、それに向かう時のストレスでしょう。

たとえば、半年間で〇〇㎏痩せるというダイエットの目標を設定した時、

お菓子などの美味しい食べ物をがまんしなければなりません。

これ自体はストレスですが、この場合は人生にハリを与えるものでもあるのです。

悪いストレスとは、苦しみや悲しみ、怒りといった負の感情の原因になるストレスです。

このようなストレスの状態から逃げられればベストですが、できない時はどうしたら良いのでしょう。

このような時は、自分の考え方を変える必要があります。

たとえば、ハラスメントをするイヤな上司がいた時、

ただその人を憎むのではなく、この上司は弱い者につらく当たることで自分の優位性を確認するような、

劣等感にさいなまれている可哀そうな人と認識したり、

このような上司がいるから自分は精神的に鍛えられているとか、

何かプラスの面を見いだすよう、考え方を変えてみましょう。

またストレスを解消するような趣味や楽しい時間を持つことも大切です。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。