お知らせ

2022/07/31

脳の神経細胞は1日に10万個も減っている

体の臓器や機能が劣化することを老化と定義できますが、

老化はあらゆる面で同程度に進行するわけではありません。

またそれをすぐ自覚できるものと、そうでないものがあるようです。

青春時代をピークとして、私たちが自分の体の衰えを比較的簡単に自覚できる部分があります。

たとえば筋力です。他には俊敏性などの運動機能の衰えはすぐ自覚できますね。

一般的には中年以降になるでしょうが、目や耳などの感覚器の衰えや

美容面では肌のハリの消失、シワの増加、髪の毛の消失や白髪化なども容易に自覚できるでしょう。

また「酒に弱くなった」という自覚ーーーこれは肝臓機能の低下によるものですがーーーを感じることもあります。

しかし中には、相当老化が進まないと、それを自覚しづらいものもあるようです。

脳の神経細胞は20歳頃をピークとして、1日に10万個も減っていると言います。

1日に10万個?ーーーちょっと衝撃的な数字ですね。

10年もたったら無くなってしまうのではないか、と心配になりますね。

しかし、数字というのは全体の中で見ないと正確な判断ができなくなってしまいます。

脳の神経細胞は大脳皮質だけで140億個もあるのです。

脳全体では1000億個もあると言われています。

1日に10万個失われたとして、10日で100万個、1年で約3600万個、10年で3億6000万個です。

これでも140億個のうちの3%以下です。

まあ当然長生きすれば失われる神経細胞は増えるわけですが、

脳を使えば使うほど、各神経細胞の持つ軸索は増やすことができるそうですので、

歳をとっても頭を使うように努力しましょう。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/07/28

喫煙は健康の大敵ーーーガンの場合

 

タバコは健康面から言うと、100害あって1利なし、と言われています。

まあ喫煙者にとっては一服(とくに食後)は美味しく、気持ちを落ち着かせるようなので、

精神面から言えば1利あり、ということになるのでしょうが・・・。

さて、タバコは動脈硬化をはじめ心筋梗塞やガンなど、さまざまな病気のリスク要因になりますが、

ここではガンに絞って、その害を見ていきましょう。

ガンの場合、タバコは食品(口に入れる食べ物)に次いで、危険因子の第2位になっています。

タバコとガンの関係で言うと、私たちはすぐ肺ガンを思い浮かべますが、

タバコが原因のガンは肺にとどまりません。

口腔、咽頭、喉頭、食道、膀胱、すい臓、腎臓などのガンは、

明らかにノンスモーカーに比べて喫煙者は高くなっています。

またタバコが良くないのは、他の発ガン物質と合わさると相乗効果を生むという点です。

たとえば動物性脂肪とタバコ、アスベストとタバコ、アルコールとタバコ、紫外線とタバコの他、

大気汚染や放射線など、何らかの発ガン物質とタバコが重なると、

単独の場合にくらべ、ガンの発生率が大幅に高くなってしまうのです。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/07/26

なぜ心臓ガンはないの?

皆さん、不思議に思いませんか?

ガンには色々なものがあります。胃ガン、肺ガン、大腸ガン、肝臓ガン、すい臓ガン、腎臓ガン、

膀胱ガン、乳ガン、子宮ガン、前立腺ガン、甲状腺ガンなどの内臓や器官にできるガンの他、

皮膚や骨(骨肉腫)、筋肉(筋肉腫)、血液(白血病)にもできます。

それなのに、心臓ガンというのはあまり聞いたことがありません。なぜでしょう?

ガンという病気は細胞分裂と大きな関係があります。

私たちの体は、古くなって弱った細胞は死に、常に新しい細胞に置き換わっています。

傷が治るということは、壊れた細胞の代わりに新しく生まれた細胞に置き換わることを意味します。

外敵と闘う白血球の細胞も、身体を守るために急激に分裂し、増加しなければなりません。

私たちは、各臓器や皮膚、骨、筋肉に至るまで細胞分裂をして、

常に新しいものと入れ替わることで生きていくことができるのです。

しかし、分裂能力をもったどんな細胞も、時にはコピーミスをすることがあります。

これが細胞のガン化と言い、体の全体的なシステムを無視し、無制限に増殖し、制御がきかなくなってしまうのです。

ガン細胞は1日に数千個もできると言われていますが、

私たちの白血球(免疫細胞)がそれらを退治してくれるので、ガンにならずにいられるのです。

でも老化して免疫力が落ちてくると、ガンになるリスクが増えてしまうわけです。

さて、本題にもどりましょう。

心臓にはなぜガンは発生しないのでしょうか?

それは心臓の筋肉細胞は誕生後に分裂能力を失うからです。

つまり細胞分裂しないのです。

う~ん、心筋の能力ってすごいですね。

生まれた時からの細胞で、死ぬまでずっと動き続けているのですから・・・。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/07/24

体は使わないとダメになる

生物と無生物の違いは何でしょうか?

これはどこに視点を置くかで、いろいろな答えが出てきます。

その視点を使用という点に絞って考えてみましょう。

私たちが普段使っている様々な機械や製品(これらはもちろん無生物)は使えば使うほど劣化します。

車も走行距離が長くなればなるほど、いろいろな所に不具合が出てきます。

普通、中古車は新車に比べて価値はありません。

身の回りにある電化製品も同様でしょう。

しかし、私たちの体はどうでしょうか?

脳も肉体も製品や機械とは逆に、使わないと衰えてしまうのです。

筋肉も使わないと衰えますが、これが良く分かる例があります。

無重力状態で長期間宇宙ステーションで過ごした宇宙飛行士が地球に帰還した時、

両脇から人に支えられないと歩くこともできないという映像を見たことがあるでしょう。

無重力では体の重さがなくなりますので、移動するのにほとんど筋力を使わなくてすむのです。

だからこの状態では、余分な筋肉は無駄だと脳が判断するのでしょう。

筋肉を保持するためには、それなりのエネルギーが必要ですので、

無駄を省くために省エネ型の体に変化してしまうのです。

心臓などの臓器も、速足や水泳などの有酸素運動を続けることで心肺機能を高めることができます。

これらの点を考えた時、私は次のことが心配になってしまうのです。

それは、現代人はどんどん歩かなくなっている、ということです。

現代のテクノロジーの発達のお蔭ですが、車やバス、電車などの乗り物、

またエレベーターやエスカレーターなどの普及によって、

私たちは歩かなくなり、やがて筋肉の衰えから多くの人が高齢になると車イス生活を余儀なくされてしまうのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2022/07/21

人の老化と死の宿命(続)ーーー哲学的考察

私たちの人生は時系列で言うと、誕生→乳幼児→子供時代→青春時代→中年期→老年期→死というふうに進んでいきます。

人体の構造(骨や筋肉)や機能面を考えれば、青春時代を頂点と考えてよいでしょう。

それを境に老化が始まり、死へ向かっていくわけです。

このプロセスは前回紹介した活性酸素によるものと説明できますが、

他にも遺伝子プログラム説とかテロメア説などがあるわけです。

これらは皆、医学的(科学的)な解説ですが、

人間に老化や死が宿命づけられていることを哲学的にも説明できるのです。

中国には古くから陰陽という哲学的な概念があります。

明るいものや軽いもの、上昇や前進するものが陽であり、

反対に暗い、重い、下降、後退するものを陰と呼んでいます。

陰と陽は反対の概念ですが、同時にお互いが依存してもいるのです。

依存とは、陰が存在するためには陽が必要であり、逆に陽のためには陰が必要である、という意味です。

このことはあらゆるものに当てはまるのです。

暗があるから明があり、後退することがあるから前進という概念が生まれます。

病気をするから健康のありがたみが分かるし、苦悩の経験があるから喜びの感動を味わうことができるのです。

同様に、衰え(老化)があるから成長のハツラツさも感じるし、

死があるから生を実感できるのではないでしょうか。

老化や死が人生で宿命づけられている意味は、それが私たちにとって必要だからでしょう。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。