お知らせ

2020/06/04

DNAウィルスとRNAウィルス

昨今の新型コロナウィルスのまん延で、ウィルスというものが脚光を浴びてきました。

ウィルスとは何か? 細菌との違いなど勉強になることが多くあります。

さて、ウィルスの構造にはDNA型とRNA型があると知りました。

DNAは2本鎖の構造で、この2本はお互い補い合う構造です。

従って遺伝情報を複製する場合に非常に安定しています。

一方のRNA型は1本鎖の構造なので、遺伝情報を複製する時にミスが生じやすいのです。

実はここにRNA型ウィルスに対処する場合にやっかいなことが起きるのです。

安定した複製ができないということは、ウィルスが変異しやすいということなので、

それに対するワクチンも新たに開発しなければなりません。

DNA型のウィルスの代表は天然痘ウィルスで、変異しにくいためワクチンの継続的投与が有効で、ついに撲滅させることができました。

RNA型の代表はインフルエンザウィルスで、今年の流行は〇〇型というように色々なタイプがあるわけです。

今回のコロナウィルスもRNA型で、今流行っているのは新型だと言われています。

またこの新型コロナウィルスもアジアで流行っているものと、欧米で流行っているものでは型が違うと言われています。

確かに日本や韓国、中国での死者数に比べ、欧米諸国の死者数が大変多い理由の一つに、この型の違いがあるのかも知れません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/06/01

コロナウィルスがもたらしたもの⑪ーーーバランスの大切さ

今回の新型コロナウィルスが世界的に大流行したことで、この感染症が多くの問題をもたらしました。

その問題は多くの局面でジレンマという形をとりました。

ジレンマとは、相対立する二つがあった時、一方を立てればもう一方がダメになる、という状況のことを言います。

そしてこの二つをうまく成り立たせるためにバランスをどうとるか、

このような客観的な、一方に肩入れしない考え方が大切だと、今回のウィルスは教えてくれたのではないでしょうか。

この感染症の騒動では具体的にどのようなジレンマがあったのか見てみましょう。

①感染防止と経済再生ーーーほとんどの国において、感染の拡大を防止するために、

特定の仕事以外の店や施設の営業の禁止、また不要不急の外出禁止などの政策を打ち出しました。

それによって感染はある程度防止できましたが、このやり方は経済的なダメージが大きく、

企業の倒産や廃業を招き、街は失業者であふれる事態になりました。おそらく自殺者も急増していることでしょう。

だからと言って、店や施設を再開し、人出が増えれば経済は上向きになりますが、感染者は再び増えてしまうのです。

②マスク着用の長所短所ーーーマスクをつけることは感染予防には有効ですが、

これから夏に向かっての熱中症、マスク皮膚炎、口呼吸のリスクを高めるのです。

③外出自粛とストレスーーーなるべく外出を控え、人との接触を避ければ感染防止には効果がありますが、

外に出ない生活はストレスとなり、他の病気を誘発することにもなりかねません。

日光を浴びることはビタミンDを増やし、うつ病になるリスクを減らすのです。

④衛生観念とアレルギーーーー手洗いやマスク、うがいなどは感染症の予防には効果がありますが、

徹底しすぎると、つまり衛生的になりすぎるとアレルギー疾患が増えてしまうのです。

⑤ソーシャルディスタンスと親密性ーーー今回のコロナウィルスによる感染症に対して最も有効なのは手洗いとソーシャルディスタンスだと言われています。

ソーシャルディスタンスは人と人との距離を保つということで、防護シートや立ち位置表示などで、

人と人が接近しないように飲食店やスーパー、エレベーターなどあらゆる所で見かけられます。

ましてや抱き合ったり握手といった肉体的な接触は避けられているようです。

しかしこの政策の徹底は、肉体的な接触がもたらすオキシトシンという愛情ホルモンの分泌を減らしてしまうのです。

オキシトシンは私たちに優しい気持ちや幸福感をもたらすのです。

あちらを立てればこちらが立たず、というジレンマの中で、私たちはどうバランスをとっていけばいいのでしょうか。

一方に偏るのではなく、常にメリットとデメリットを考察しながら冷静に対応することが必要でしょう。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/05/31

今度、気功サロンへは6月3日(水)に行きます

東京四ツ谷の気功サロンは緊急事態宣言が解除されても6月末日まで休業致します。

しかし週1回は管理(郵便、植木の水やり、掃除など)のために気功サロンへ行っています。

次回は6月3日(水)に行きますので、講座や施術でのお問合せは事前にご連絡お願い致します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/05/30

コロナウィルスがもたらしたもの⑩ーーー各国の対応の違い

昨今の新型コロナウィルスへの対応に関し、各国で大きな違いがありました。

どんなやり方が有効なのか? それは終息後の検証を待つしかないでしょう。

世界には、国民による総選挙で政権を選ぶ仕組みのない独裁国家もあるし、

民意を反映できる民主主義国家もあります。

今回のコロナウィルスへの対応について私が驚いたのは、

ロックダウンと言われる都市封鎖や外出禁止、特定の商売(施設)以外の営業禁止というような強権的な政策は、

独裁国家ならやりやすいですが、欧米にある民主主義国家においても行なわれたことです。

また同じ民主主義国家でも日本は独自の政策をとりました。

外出や店の営業の自粛要請という「お願い」の政策をとったことです。

欧米諸国のような強権的政策をとる法律的な根拠がなかったことも一因でしょう。

しかし、お願いベースにもかかわらず、強権的政策をとった多くの国より感染者数、死者数が少なかったのはなぜか?

その要因を探るべく専門家が検証をしているところです。

 

さて、緊急事態宣言は解除されましたが、今後懸念されるのが第2派、第3派の到来です。

感染者数がまた急拡大した時、再び緊急事態宣言が出されるのでしょうか。

外出自粛要請が解かれれば経済は活性化し、多くの事業者は助かります。

すると感染者が増えて、また休業を要請せざるを得なくなるーーーこのイタチごっこはいつまで続くのでしょうか。

そこで私が注目したいのはスウェーデンの対応です。

スウェーデンはヨーロッパの中でも珍しく強権的な政策はとりませんでした。

外出や店の営業に関して各人の自主性を重んじ、自己責任で行動してもらうという大人の対応をしたのです。

この政策は経済的損失を最小に抑えながら、集団免疫を目指したということでしょうか。

国民の約6割が感染し免疫ができれば、感染症は自然と終息に向かうと言われているからです。

ただし、経済的なダメージは少ないでしょうが、近隣のデンマークやノルウェーに比べて明らかに感染者や死者の数が多いという欠点も指摘されています。

このスウェーデンの独自のやり方が正しかったのか間違っていたのか、今後の検証に委ねられるでしょう。

この事に関し私が不思議に思うのは、日本のマスコミがスウェーデンの政策をほとんど報道しないという点です。

これは私の推測ですが、外出や営業の自粛をお願いするという日本独自の政策に国民が素直に従うためには、

スウェーデンのような自主性を重んじる政策を報道するのは都合が悪かったからではないでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/05/29

コロナウィルスがもたらしたもの⑨ーーー感染症の恐ろしさの再認識

最近の感染症では、サーズやマーズ、エボラ出血熱などがありましたが、

いずれも今回の新型コロナウィルスほど世界的に大流行したものはありませんでした。

それだけ今回のコロナウィルスはインパクトが強く、世界の経済に大打撃を与えました。

感染症の歴史を見れば分かることですが、国や社会構造まで変化させる力を持っているのです。

中世のヨーロッパを何回も襲ったペストでは約7500万人が亡くなったと言われています。

これは第二次世界大戦の死者約5000万人を上回っているのです。

またいくら祈ってもペストの感染拡大を抑えられなかったため、当時のキリスト教会の権威が失墜し、

ルターによる宗教改革が起き、ルネッサンスとあいまって社会の風潮を変えていったのです。

また感染症は国をも滅ぼしたことがありました。

16世紀に南米にあったインカ帝国はスペインの侵略によって滅亡したのですが、

その裏には天然痘という感染症の存在があったのです。

スペイン人は過去に天然痘に罹った人が多くいたため、その免疫を持っていたのですが、

インカ帝国には今まで天然痘はなかったため、スペイン人が持ち込んだ天然痘でバタバタと人が倒れてしまったのです。

このように考えてみますと、生物兵器の恐ろしさが分かります。

今回の新型コロナウィルスはそのことを私たちに思い知らせました。

生物兵器は現在、国際法(ジュネーブ議定書)で禁止されていますが、

陰で敵対する国の国力(経済力)をそぐため、何百人もの自国民をウィルス感染させ、

その人たちを相手国に観光客として送り込む、という戦術も考えられなくはないでしょう。

まさに人間爆弾ですが、そんなことまで私は考えてしまうのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。