お知らせ

2019/11/12

BMIにおける理想体重は健康体重?

ダイエットに興味のある方なら、BMI(体格指数)はご存知でしょう。

これは世界保健機構はじめ世界的に用いられている肥満度の数値です。

体重(キログラム)を身長(メートル)の二乗で割ったものですが、

BMI18.5位以下は痩せ、25以上は肥満、その間が普通体重と決められています。

そして、理想の体重は18.5から25のちょうど中間の22だと言うのです。

ちなみに身長160センチの人だと、BMI22は56.3キログラムになります。

皆様、これより太っているのでしょうか?

ただ私は、この理想体重が必ずしも健康体重ではないと考えています。

その理由は、一番長生きしている人の平均BMIは25あたりだという統計があるからです。

つまり標準から少し太り気味という人が一番長命という結果なのです。

今までの常識では肥満は生活習慣病の原因であり、寿命を縮めると考えられてきました。

確かに太り過ぎは寿命を縮めます。しかし痩せすぎも長生きできないことが分かっているのです。

人により体質は皆違うのですから、適正体重も人それぞれだと思いますが、

一般論として、BMI22はスタイル的には理想かも知れませんが、必ずしも健康体重とは言えないようです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/11

気功サロンの忘年会の日程

東京四ツ谷の気功サロンでは、毎年忘年会を開いています。

今年の日程が決まりましたので、皆様方にお知らせ致します。

気功サロンの忘年会は通常2回開いていますが、

これは開催場所の人数に限りがあることと、2回あれば皆様方のご都合に応えられやすいからです。

どちらかご都合良い日にご参加下さい。もちろん両方ご参加されても構いません。

なお気功サロンの忘年会は、生徒さんご本人だけでなく、ご家族やお友達でも大歓迎です。

人生は一期一会です。出会いの場を広げていきたいと考えています。

 

1回目:12月14日(土) 午後6時開始。

2回目:12月21日(土) 午後6時開始。

場所:スナック「プレジデント」 新宿区四谷3-3 エスパスコンセール3階。

*気功サロンから徒歩4分。地下鉄「四谷3丁目駅」から徒歩1分。みずほ銀行となりの雑居ビルです。

会費:一人 3000円。

 

当日はスプーン曲げのパフォーマンスを皆様とともにやる予定です。楽しみにして下さい。

ママの気を入れたお料理と飲み放題の飲み物、カラオケ等で楽しい時間を過ごしましょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/10

気に鈍感な人でも外気功ができる訳

前回私は気に対し、敏感な人、鈍感な人、その中間の普通の人がいることを書きました。

気の感受性が強い人(敏感な人)が外気功をする場合のメリットは、

相手の邪気を察知し、悪い所を言い当てることができる点です。

逆にデメリットとしては、注意しないと邪気による悪影響が出てしまうことです。

一方、気に対し鈍感な人は、敏感な人のデメリットはありません。

しかし感受性自体が低いわけですから、邪気を感じることもあまりないようです。

 

さて、外気功講座の生徒さんからこんな質問を受けることがあります。

「私は気を感じにくいのですが、こんな私でも、外気(手当てや手かざし)はできるのでしょうか?」と。

その都度私は次のように言って励ましています。

「大丈夫です。安心して下さい。鈍感な人でも十分に外気を出すことはできます」と。

その理由は、気を扱うための三つのコツを考えれば明らかなことです。

その三つとは、調身(調体とも言う)、調息、調心です。

調身は体の姿勢や動き、調息は呼吸、調心は意識の集中やイメージ力を表していますが、

これらは気の感受性とは関係なく、誰でも体得できる技だからです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/07

気に敏感な人、鈍感な人、普通の人

東京四ツ谷の気功サロンでは、組場気功法という全身外気功を行なっています。

この気功法は、イスに腰かけた何人もの人をいっぺんに施術できる優れた気功法です。

全身外気功を受ける人の中には、気に対し敏感な人や鈍感な人、その中間の人がいます。

敏感な人は外気を受けると、さまざまな反応が現れます。

自発動(体がかってに動いたり)、眠くなったり、熱くなったり、痺れたり、泣いたり、

良い香を嗅いだり、重くなったり、その反応はさまざまです。

鈍感な人はこのような反応はほとんどなく、ただじっとイスに腰かけているだけです。

普通の人はこの中間タイプと言えるでしょう。

敏感な人は15~20%、鈍感な人も15~20%、普通の人は60~70%いると言われています。

気功サロンの講座は誰でも外気功ができるということを謳っていますが、

生徒さんの中には、敏感、鈍感、普通とさまざまな人がいます。

私は気に対し鈍感な生徒さんには、次のように言って励ましています。

「気を受ける方(受信)には鈍感でも、気を発する方(発信)は誰でもできるのだ」と。

むしろ鈍感には鈍感なりのメリットもあります。

それは邪気を受けにくいということであり、外気をやる上で有利に働く場合もあるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/05

外気功は最も副作用のない施術法です

作用があれば何らかの反作用(副作用)が出るというのは世の常です。

「医者からもらった薬が分かる本」というのを読むと、

ほとんどすべての薬の作用と共に、副作用があることが書かれています。

解熱剤や降圧剤、睡眠導入剤、糖尿病薬など日常的に飲んでいる薬も、

ほとんどの場合、副作用があることが知られています。

副作用の代表的な症状は、眠気、吐き気、胃痛、発疹、かゆみ、めまい、味覚障害、下痢、便秘などですが、

特に抗がん剤や放射線での副作用は顕著に出るようです。

副作用の問題は西洋医学の宿命かも知れません。

なぜなら西洋医学は病気の原因に直接アプローチするために、作用と反作用の原理で副作用は当然だからです。

特にアレルギー体質の方は副作用が出やすいので注意しなければなりません。

一方東洋医学は、西洋医学に比べて副作用は少ないと言わています。

しかし少ないと言っても、漢方薬にも副作用はありますし、

はりやお灸、マッサージ、カイロプラクティックなど身体に物理的な力を加える施術には副作用が出ることがあります。

その点、外気功は最も副作用の少ない施術法と言えるでしょう。

なぜなら、気というエネルギーを放射するだけで、物理的な力を身体に加えないからです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。