お知らせ

2019/07/28

気感とは何か?

気を純粋なエネルギーととらえるならば、エネルギー自体は見ることができないので、

気も見ることはできない、ということになるでしょう。

しかし、見えないものでも感じることはできます。

「気配」という言葉もあるように、私たちは第6感や皮膚感覚で、

この気を感じることができるのです。これを気感と言います。

 

「手当て」や「手かざし」などの外気功をやっている時や、

動功や靜功などの内気功をやっている時に、この気感を得ることができます。

その他にも、誰でも簡単に気感を得る方法があります。

それは「気のボール」をつくる訓練をすることです。

両手の間にソフトボール大の気のボールがあるとイメージし、

息を吐きながら両手で気のボールをこねる動作をしていると、

やがて、指先や手のひらにピリピリとした感覚やジンジンとしたしびれ感が生まれてきます。

これが気の感覚、気感と呼ばれるものなのです。

この気感を得ることは、気功上達のための良い訓練になるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇