お知らせ

2019/09/26

気管支喘息のしずめ方

体調の悪い時に私たちを苦しめるさまざまな症状があります。

痛みや吐き気、かゆみなどがその代表ですが、

それとは違って私たちを苦しめる典型的な症状があります。

それが気管支喘息の発作時に見られる症状です。

喘息の発作は主に夜中から明け方にかけて多く発症し、

連続するせきとなかなか出ない痰で、夜中中苦しめられることになります。

喘息はほこりや花粉、タバコの煙、大気汚染などで刺激された気管支が、

過剰に反応して多量の粘液を分泌し、気管支をせばめて空気の通りが悪くなることで起こります。

元々アレルギー体質の人は罹りやすく、アトピー性皮膚炎を患っている人は注意しなければなりません。

喘息の症状としては、咳とともにねばねばして吐きづらい痰が特徴ですが、

痰を吐き出すためには腹筋を使うことが大切で、常に腹式呼吸を心がけていると良いでしょう。

また、痰がたまる場所を医師に確認することが必要ですが、

肺の上葉の場合はまくらをしないで仰向けに寝、

下葉の場合はうつぶせに寝ると痰が出やすくなるそうです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇