お知らせ

2020/02/04

自己免疫疾患はなぜ女性に多いのか?

私たちは免疫のシステムを体内に持っています。

これは社会に例えれば、警察組織のようなものです。

体内に侵入してくる細菌などの微生物や異物をとらえて、体を防御するシステムのことです。

しかし原因はよく分からないのですが、私たちの体を構成している細胞やタンパク質を非自己(敵)と錯覚し、

これらを攻撃してしまうことがあるのです。

これによって起こる色々な病気を自己免疫疾患と呼びます。

自己免疫疾患は大きく分けて2種類あり、

特定の臓器や部分に異常が起こるものと、全身に広がるものとがあります。

これらの病気はさまざまで、関節リウマチや全身性エリテマトーデス、バセドウ病、橋本病、アジソン病、

シェーグレン症候群、自己免疫性溶結性貧血、萎縮性胃炎、多発性筋炎などがあります。

これらの病気はなぜか女性に多いのですが、その理由はよく分かっていません。

ただ女性ホルモンが関係しているのは事実でしょう。

女性ホルモンの分泌が盛んになる思春期に発病するケースも多く、

また月経周期に合わせて、病状の変化が起こることが多いからです。

また女性は妊娠し、出産する性です。

お腹に宿った赤ちゃんを、もし異物として攻撃したら人類は存続することができません。

だから女性の免疫システムは特に複雑になっているのでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇