お知らせ

2020/02/08

日々の健康は尿で分かる

私たちは普通1日に5~7回くらい排尿します。

それ以上に多い場合は頻尿と言われ、また少ない場合は乏尿と言われます。

このようなケースは心理的なものも多いですが、重大な病気が隠れていることもありますので、注意しなければなりません。

乏尿の時は、急性腎炎や急性腎不全といった病気が考えられます。

また頻尿の時に疑われる病気は、膀胱炎、前立腺炎、尿道炎、膀胱腫瘍、膀胱結石、前立腺肥大症などです。

その他、歳をとってくると膀胱の壁の弾力性が失われてくるので、

尿を多く溜めることができず、頻尿になることも多いようです。

尿の色は日々の健康のバロメーターになります。

健康な尿の色は、淡い黄色で透明です。

そうでない場合は、色々な病気が隠れていると判断できます。

赤い色の尿は血尿と言われ、血液が尿に混じっているのですが、

腎臓や尿道、膀胱に何らかの障害が起こっていると考えられます。

また尿が黄褐色の場合は黄疸症状の現れですから、肝臓や胆のうの異常が疑われます。

白く濁って泡立つ尿は糖尿病のサインです。

その他、薬の服用や食品によって尿に色がつくこともあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇