お知らせ

2016/03/28

呼吸法は最も簡単な健康法

呼吸は意識しても、無意識でもできますが、実はそのやり方で最も手軽な健康法になるのです。

しかもお金は全くかかりませんので、やり方を覚えることは大変お得な情報なのです。

 

さて、健康になるためには、次の三つの呼吸法が有効です。

①複式呼吸ーーーお腹と胸の間にある横隔膜という筋肉を上下させて呼吸するやり方です。

これと反対なのが胸式呼吸で、肋骨を広げて呼吸します。

胸式呼吸より複式呼吸の方が健康にいい理由は3つあって、

その1は、横隔膜を上下することで、その近くにある肝臓や胃、膵臓、腎臓などのマッサージになるのです。

つまり、これらの臓器の血液循環が良くなるのですね。

その2は、胸式呼吸よりも効率がいいからです。オペラ歌手などが複式を訓練することでも明らかですね。

その3は、全身の血液循環が良くなるからです。これは横隔膜の上下運動が腹圧の変化をもたらすからです。

 

②鼻呼吸ーーー吐く方は鼻からでも口からでもいいのですが、息を吸う時は鼻からにしてほしいのです。

なぜなら、鼻の中の空気の通り道は粘膜でおおわれていますので、空気中の雑菌やカビなどを粘膜でキャッチできるからです。

つまり、フィルターの役目をしているのですね。

だから口から呼吸すると、風邪の菌がそのまま気管支に入ってしまい風邪をひきやすくなるのです。

 

③深呼吸ーーー意識して、思いっきり息を吐く呼吸法です。

普通私たちは無意識で呼吸していますが、それはとても浅い呼吸なのです。1回約500CCくらいです。

でも、目いっぱい呼吸すると、私たちは2500~3500CCくらいの呼吸はできるのです。

実は、吸う息と吐く息は成分が若干違います。吸う息は酸素が多く、二酸化炭素はとても少ないのです。

逆に吐く息は、酸素が減り、二酸化炭素が増えます。

思いっきり吐かない(吐ききらない)呼吸は、二酸化炭素が残ってしまうのです。

だから酸素をたくさんとるためには、時々意識して深呼吸をしましょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇