お知らせ

2020/06/19

正しく恐れる大切さ②ーーー片面だけ見て判断するな

詩人の相田みつをの本に次のことが書いてありました。「片面だけ見て」という題です。

「最近の寺は、やれ拝観料だの入園料だのと言って、万事かねかねで、すっかり観光ずれしちゃいましたねえ・・・」

ある時、お茶のみ話のついでに武井老師に話しかけました。すると老師に、

「相田君な、君はここへきて中途半端に正法眼蔵など読んだから、自分だけの立場で軽々しく観光寺なんてこと言うけれど、

自分が責任者として、その寺のどまん中に坐ったとしたらどうするか?、とその立場に立って物を言わなければいけない。

自分は少しも手を汚さないで、外側から無責任な批判だけしてはいけない。

きれいごとだけでは、あの大きな寺の瓦一枚変えることができない。

何もかもちゃんと分かっていてもね、時には濁らなければならぬこともあるんだよ。

物の片面だけ見てね、無責任な事を言うもんじゃない。」と厳しく叱られました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨今の新型コロナウィルスへの対応に関し、片面だけ見て判断することで起こるトラブルが多発しているように思います。

感染予防の目的で最近の電車は換気のため窓を少し開けて走っていますが、

風邪気味だった女性が窓を閉めようとしたら、「みんなの感染予防のため窓を開けているんだ。自分のことばかり考えるな!」

とある男性から怒られたそうです。

あるバス内で座っていた高齢の男性のそばに、同じく高齢の男性が立ち続けていたら、

コロナがうつる、あっちへ行けということで、つかみ合いの喧嘩になった映像がニュースで流れました。

人混みでマスクをしていないと白い眼で見られます。でもその人には色々な事情があるかもしれません。

熱中症が怖いとか、マスク皮膚炎を起こすアレルギーを持っているとか、貧しくてマスクが買えないとか・・・。

以前、休業要請が出ているにもかかわらず営業を続けるパチンコ店の前に立って、

入店を妨害するような行為をする人たちまで現れました。

パチンコ店にはパチンコ店の事情があるのです。休業しても高い家賃や機械のリース料は払い続けなければなりません。

倒産の危機にあえいでいるパチンコ店の社長の立場に立ったらどうするでしょうか。

物事の片面だけ見て判断してはいけない。常に相手の立場やその事情を考慮し、冷静かつ客観的に見なければいけない。

今回の新型コロナウィルスはその大切さを私たちに教えてくれたのではないでしょうか。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇