お知らせ

2020/06/28

私たちは稀有な存在

私たち一人一人が存在していること、こうして生きていることは当たり前だと思われますが、

実は大変な精子競争を勝ち抜いてきた結果ということを知るべきでしょう。

私たちはとても稀有な存在なのです。

一卵性双生児の場合、一つの受精卵がその元になっていますので、顔形などすべて同じになります。

しかし普通の兄弟の場合は、当然のことですが顔形、性格、能力などすべて違ってきます。

これは遺伝子の違いによるわけで、どの精子と卵子が受精したかの結果なのです。

女性が妊娠するためには、女性側に問題がなければ、男性の精子の量と質が重要になります。

1mlあたり最低でも2000万個、普通は4000万~5000万個の精子が必要です。

しかもよく運動できる質の良い精子が多くいなければなりません。

だいたい妊娠というのは、生まれた後も順調に育っていけるようなシステムになっているのです。

女性の膣内は酸性なので、酸性に弱い精子が卵までたどりつくのは大変なことなのです。

多くはその途中で死んでしまうので、優秀な精子しか受精できないようになっているわけです。

こうして生まれてきたのが私たちで、5000万分の1と言ったら、宝くじに当たるより難しいのではないでしょうか。

いくら苦しいことがあっても、簡単に自殺などするべきではありません。

なぜならこうして生まれて生きていること自体、奇跡と言ってもいいのですから・・・。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇