お知らせ

2016/03/30

統合医療の精神

現在、普通の病院で行われている西洋医療であらゆる病気が良くなるのなら問題ありません。

でも、現実はそうではありませんね。

良くなる場合もあれば、そうでない場合もあります。

良くならない時に、西洋医療以外の医療(代替医療と言う)を試してみよう、というのが統合医療なのです。

つまり、その人に合った医療(パーソナルメディスン)を目指しているわけです。

 

代替医療には、漢方や鍼灸、マッサージ、カイロプラクティック、アロマ、ハーブ、もちろん気功もあるわけです。

西洋医療と代替医療ーーーこの二つで患者の健康に寄与しようというのです。

だから、西洋医療と代替医療は対立するものではありません。

お互いが相手の医療を尊重するーーーこれが統合医療の精神なのです。

 

しかし残念ながら、現実の医療従事者の中には、相手をバカにした発言をする人がいます。

西洋医療の医者の中には、気功や鍼灸に対し、その中味をよく理解していないのに、そんなもの効くわけない、と言う人がいます。

反対に、代替医療の従事者にも、西洋医療はダメと断定する人がいるのです。

このどちらも、統合医療ではありません。

なぜなら、どちらも完全ではないのですから、自分の欠点を埋めるべく、相手の医療を尊重しなければならないからです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇