お知らせ

2020/10/15

老化を防ぐ歩き方

私たちは誰でも、歳をとると老化現象が体のあちこちに出てきます。

しかし日常生活での工夫によって、老化を遅らせることは十分可能なのです。

老化を遅らせるポイントとして重要なのは食事と運動です。

ここでは運動、特に歩くことに関して日常で注意すべき点を説明致します。

歩くことは全身運動であり、とても有効な老化防止策なのですが、

歩き方によってその効果は全く違ってくるのです。

高齢者には歩き方に特徴があります。

それは小幅でちょこちょこ歩くことと、歩くスピードが遅いことです。

だから老化を防止したければ、その歩き方の逆をやればいいことになります。

答えは「大股で歩く」ことと「速足で歩く」ことなのです。

歩く時、5センチでも歩幅を広げる意識で歩いてみましょう。

脚のさまざまな筋肉をたくさん使っていることが分かるでしょう。

また意識して速く歩くことを心がけましょう。

脚の筋肉を多く使うことと、心肺機能が高まることも感じるはずです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇