お知らせ

2020/12/29

血液と血球の働き

私たちの体の中を流れる血液は命の泉でもあります。

血液は体重の約13分の1ほどあり、体重60kgの人だと5リットル弱あります。

この血液が半分近く失われると死んでしまいます。

命の泉というのはそういう意味で、生命を司る元と言っても過言ではないでしょう。

さて血液には赤血球や白血球、血小板といった血球と言われるものがあり、それぞれの働きをしています。

赤血球は酸素を体中の細胞に運ぶ役目があり、

男性では1mlあたり500万個、女性では450万個もあるのです。

白血球は免疫機能の主役で、社会に例えれば警察組織のような働きをしています。

一口で白血球と言っても、T細胞やB細胞、マクロファージ、リンパ球など様々あり、

その時と場合に応じて、それぞれの働きをして私たちの体を外敵から守っているのです。

血小板の役目は、怪我などして出血した時、その破損個所の集結し、

血液凝固因子と協力して傷口を塞ぎ、出血を止める働きをしています。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇