お知らせ

2021/06/17

スマホの功罪②ーーー睡眠障害の原因

アンデシュ・ハンセン著の「スマホ脳」によりますと、

スウェーデンの場合でしょうが(彼はスウェーデン人)、人は平均して10分に1度スマホを手にし、

3人に1人が(18歳~24歳では半数が)夜中に1回はスマホをチェックするといいます。

この状態はもうスマホなしには生きられないというレベルであり、

スマホ依存症と言っても過言ではないでしょう。

夜中でもスマホが気になるということは、当然睡眠不足の状態になっているでしょう。

睡眠は健康にとって大変重要で、睡眠不足は体だけでなく脳にも大きな影響を及ぼすのです。

脳の中の松果体という小さな器官は、セロトニンからメラトニンを作る働きをしています。

メラトニンは睡眠導入剤としても売られているように、私たちを眠りに導く働きがあります。

夜遅くなって休息モードに入るとメラトニンの分泌が増え、私たちは眠くなるわけです。

ところがパソコンやスマホの光(ブルーライト)は、私たちに晴れ渡った青空を思い出させ、

メラトニンを作る作業を妨害してしまうのです。

就寝前までパソコンやスマホの作業をしていると、なかなか寝付けなくなるのはこのためです。

そして睡眠の質も落ち、集中力や記憶力まで減退させてしまうのです。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇