お知らせ

2021/07/12

性差医療(男と女の違い)④ーーー性差の顕著な病気

<膝関節の疾患>ーーー膝の関節内の軟骨がすり減る膝関節炎は女性が男性の何倍も多くかかる疾患で、

特に中年以降の、特に太った女性に多く見られます。

膝などの関節は、靭帯だけでなく、まわりの筋肉によって支えられているのですが、

女性はもともと男性より筋力が弱いことに加え、中年以降の体重増加(脂肪過多)により、

膝関節への荷重負荷が増すことによって、そのリスクが増えるのです。

また、男女の運動選手の中で、膝の故障は女性が男性の2~8倍高いという研究もあります。

特に、膝を固定させる前十字靭帯の故障の発生率が高くなっています。

女性ホルモンのエストロゲン濃度が高まる排卵の時期に多く発生するようです。

<うつ病>ーーー女性のうつ病発生率は男性の約2倍です。

心を安定させ、幸せ感をもたらす神経伝達物質のセロトニンは、男性の方が女性よりも52%も多く体内で作り出します。

このような生物学的根拠の他に、女性がうつ病になりやすいのは社会的な背景があるようです。

会社内での昇進や待遇などが、男性に比べて厳しいという要因も考えられるでしょう。

また女性は産後うつ病のリスクもあり、また閉経後の急激なエストロゲンの低下によって発症することもあるようです。

<線維筋痛症>ーーー女性が男性の約9倍の高さで発症します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇