お知らせ

2021/09/12

長寿の秘訣⑤ーーー禁煙と小酒

私たちが体に取り入れるのは、単に生きていくための飲食物だけではありません。

嗜好品と言われるものがあります。

コーヒーや紅茶、緑茶、タバコ、お酒などがその代表的なものと言えるでしょう。

コーヒーやお茶類は健康上の有効性が謳われていますので、

飲み過ぎなければ、健康的な嗜好品と言えると思います。

お酒も、肝臓でのアセトアルデヒドを分解する酵素を全く持たない人、いわゆる下戸を除いて、

少量なら健康上の有効性が認められています。

アルコールは食欲を増進させ、血行を良くし、ストレス解消にも役立つからです。

ただし、飲みすぎは健康に重大な問題をもたらします。

特に肝臓に大きなダメージを与え、肝硬変から肝臓がんという最悪のケースになることもあるわけです。

また飲みすぎは脳への深刻なダメージを与えると言われています。

だからお酒はほどほどに(人によってその基準は異なりますが)飲むのが良いでしょう。

一方、タバコは健康にとって「百害あって一利なし」と言われています。

愛煙家にとってタバコはなかなかやめられませんが、健康にとって重大な敵となってしまうのです。

1本吸ったからといって、すぐに健康被害が出るわけではありませんが、

タバコの害は長年にわたる体内での蓄積によって、その牙をむく時が出てくるのです。

タバコは血行を悪くするので、全身の健康状態に影響をもたらします。

またタバコは肺がんの大きな原因と言われていますが、実は肺だけではありません。

口腔、咽頭、喉頭、食道、膀胱、肝臓、腎臓などのがんにも大きく関与することが分かっています。

またタバコの問題点は、他の発がん物質と合わさると、逆の意味で相乗効果が出るということなのです。

タバコと酒、タバコと動物性脂肪、タバコと大気汚染、タバコとアスベスト、タバコと紫外線、タバコと放射線というように、

それぞれの発がん物質とタバコがからむと、がんの発生率はグンと上がってしまうのです。

やはり長寿のためには禁煙と小酒がその秘訣と言えるでしょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇