お知らせ

2021/09/19

プラシーボとノーシーボ

プラシーボ(プラセボとも言う)についてはご存知の方も多いと思います。

プラシーボ効果とは偽薬効果とも言いますが、それが何の薬効もない物(たとえば小麦粉などでも)、

それを特効薬だと信じ込んで飲めば、症状が改善する効果のことです。

この現象はそんなに不思議なことではありません。

心と体はつながっているからであり、必ず治ると信じていれば、

そのポジティブな信念が体に良い影響を及ぼすからです。

しかし、私たちは逆もまた真で、この現象が良い面(プラシーボ)だけでなく、

悪い面も持っていることを知らなければなりません。

この悪い面をノーシーボと言います。

これはプラシーボとは逆の現象で、自分は何かの病気にかかって具合が悪いと信じ込めば、

それが現実になって、本当に具合が悪くなってしまう、という現象なのです。

エレーヌ・フォックス著「脳科学は人格を変えられるか?」によると、こんな例があったそうです。

ある人が末期の肝臓がんと診断され、余命数か月と宣告されたそうです。

この患者はガックリ肩を落とし、自分はもうダメだと思ったとたん、

体がどんどん衰え、余命をまっとうせず命を落としたそうです。

ところが死後、医師の診断が間違っていたことが判明したのです。

つまり、患者はがんになどかかっていなかったのです。

AさんとBさんは、同じ性別、同じ年代で同じがんにかかっているとします。

二人とも同じ末期の状態で、余命3か月と宣告されました。

ところがAさんは2か月で死んでしまったが、Bさんは2年たってもまだ生きている、ということが起こるのです。

余命宣告されても、どのような心構えで生きるのか、その違いがそのまま体に現われるわけです。

これは心の状態が体に及ぼす影響が大変大きいことを意味しているのです。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇