お知らせ

2021/10/07

ウィルスは1万個以上ないと感染しない?

先日テレビを見ていたら、ある免疫学の専門家(男性)が昨今の新型コロナウィルス感染症について話していました。

彼によると、ウィルスは短時間のうちに1万個以上体内に入ってこないと、なかなか感染しないそうなのです。

逆に言えば、1万個以下の少ないウィルスなら安心してよいのでしょうか。

ウィルスはとても小さいので、1万個と言っても、どのような状態なのか想像しにくいですが、

大声でしゃべったり、くしゃみをすると、大量にウィルスが吐き出されるようです。

ここで感染対策として、いくつか重要な点がありますので紹介したいと思います。

やはり、人と対話する時はマスクが必要だそうです。

マスクはとても小さなウィルスを完全にシャットすることはできませんが、

1万個以上で感染リスクが高まることを考えると、やはり重要なアイテムと言えるでしょう。

また、口呼吸も感染リスクを高めると彼は言っています。

鼻呼吸をすれば、ウィルスや病原菌は吸う息とともに体内に入ってきますが、

鼻腔には粘膜や細かい鼻毛があって、それがフィルターの役目をしているので、

ある程度ウィルスや病原菌の侵入を防げるのです。

口呼吸すると、そのままウィルスや病原菌が気管支に入ってきてしまうので感染リスクが高まるわけです。

最後に、これは前から私が言っていることですが、

感染症に対しては、体外対策と体内対策があるのです。

体外対策とは、ウィルスや病原菌が体内に入らないようにする対策で、

今言った、マスク着用や鼻呼吸の他、手洗い、三蜜を避けるなどの対策のことです。

一方、体内対策とは、たとえウィルスや病原菌が体内に入ってきたとしても、

それらと闘う免疫系を強化する対策なのです。

感染するのはウィルス1万個と言っても、それはあくまでも目安です。

5千個でも感染する人もいますし、2万個でも感染しない人もいるでしょう。

つまりそれは免疫力の違いであり、感染しないためには免疫力を高める必要があるのではないでしょうか。

私は長年、気功と関わりを持っていますが、

気功は免疫力を高める効果があると言われているのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇