お知らせ

2021/10/28

一番健康的なのは小太りか

現在、主に先進国と言われている国では、肥満が大きな社会問題となっております。

太り過ぎは心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、高脂血症の予備軍とされているからです。

BMIは体格指数と言われ、世界的な肥満度の基準となっています。

これは体重(㎏)を身長(m)×身長(m)で割ったものですが、

BMI18.5から25未満を正常(普通体重)としています。

25以上30未満が軽度の肥満、30以上は中程度、35以上は重度の肥満ということになります。

このBMIと死亡率との関係を見ると、確かにBMI30以上、さらに35以上になると死亡率がグっと上がります。

しかし注目すべきは、逆にBMI18.5以下の痩せ過ぎと言われる人の死亡率が一番高いという点です。

一番死亡率が低いのは、BMI25から30未満の小太りの人たちなのです。

普通体重の人たちが、わずかな差ですが、これに続いています。

意外な結果ですが、これは何を意味しているのでしょうか。

肥満はコレステロール値を高め、脂質異常症の原因になってしまいます。

コレステロールは動脈硬化を誘発するので、日本では総コレステロール値が220以上は健康上問題だとされています。

しかし、コレステロールは低ければいいというものではないのです。

コレステロール値が一定以下になると、性ホルモンの分泌が抑えられ、

免疫機能が低下したり、がんや感染症にも罹りやすくなるからです。

やはり何でもそうですが、数値というのは高すぎても低すぎても問題で、

健康にはちょうど良いという加減、つまりバランスが大切なのでしょうね。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇