お知らせ

2021/11/25

「しつけは3歳まで」の意味

寄生虫博士で有名な藤田鉱一郎医師によれば、日本でよく言われる「しつけは3歳まで」という言葉にも科学的な根拠があると言います。

私たち人類だけでなく、脳のある動物に関しては、

脳が司令塔として自己の全体をコントロールしていると考えています。

そして脳の活動は遺伝子によってプログラミングされ、完全に管理されていると思っています。

しかし近年分かってきたことは、遺伝子のスイッチをONやOFFにするのに環境が大きく関与している、ということです。

そして、その役割をするのが腸内細菌だと藤田医師は言うのです。

また脳の神経細胞が最も増加する時期は3歳くらいまでなので、

この時期に腸内環境を正常にすることが大切なのだそうです。

だからこの時期は大自然に触れさせ、感性を磨くことが重要なのです。

それにより、独創性や好奇心が生まれてくるわけで、

知識はその上に築かれるものだからです。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇