お知らせ

2022/05/02

循環系の驚異

五臓六腑と言って、私たちの体の中には内臓がいくつもあります。

五臓とは心、肺、腎、肝、脾を言い、

腑は小腸、大腸、胃、胆のう、膀胱のことです。

どれも生きていく上で大切な臓器と思われますが、

なかにはなくても生きていく上で支障のないものもあります。

たとえば胆のうですが、胆石などで胆のう摘出手術をした人でも、

残りの人生を不自由なく生きていくことができます。

逆に、これがなくてはすぐ死んでしまうという臓器もあります。

その代表が心臓でしょう。

心臓は生まれる前から動いていて、人の場合、1分間に約70回伸縮と弛緩を繰り返しています。

これがポンプと同じ作用となり、全身に血液を送り出しているわけです。

成人の場合、1日に約8トンもの血液を送り出していると言います。

すごい量ですね。

さて、循環系で驚異的なのは心臓の働きだけではありません。

血液は血管(動脈や静脈、毛細血管)を通って、各細胞と心臓の間を行き来しているのですが、

この血管を全部つなげると、なんと10万キロにもなると言うのです。

10万キロとは、地球を二回り半もする長さです。

一人の血管の長さですよ。ちょっと信じられない数字ですよね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇