よくある質問

講座で休む場合はどうなりますか?

休んでも、その分振り替えができます。外気功の施術の時間にできますので、ご安心下さい。時間と曜日は私(中島)と相談して決めて下さい。

着替えは必要ですか?

必要ありません。運動するわけではないので、普段の格好で結構です。

入門講座から受講しなければダメですか?

必ずしもそこから入らないといけないわけではありませんが、入門講座から受講するのがベストです。過去には特別講座から入った方もいらっしゃいます。

入門講座の後は基礎講座になるようですが、時間的にはどのようにつながっているのですか?

同じ時間で、例えば木曜日の13時00分~14時30分の時間なら、その時間は変わらずに、入門講座の後は基礎講座、そして応用、特別講座と進んでいきます。ただし、マスターコースだけは水曜日の午後1時開始と、金曜日の午後1時及び6時30分開始、土曜日の午前10時30分及び午後4時開始の5講座に決まっています。

マスターコースから入ることはできますか?

それはできません。マスターコースは特別講座の修了者しか入れないことになっています。

講座の時間内容はどうなっていますか?

30分の講義の後、約30分の全身気功法の施術があります。その後、肩とか腰が痛いとか、胃が悪いなど、健康上の問題のある人に対して、部分外気功(手当てや手かざし)の施術をしていきます。ただし、これは1人につき2~3分です。したがって、早い人では1時間ちょっとで帰ることができます。講座に1時間30分とってあるのは、7,8名がすべて終わる時間と考えているからです。

内気功と外気功とはどう違うのですか?

中国医学では、生命を育んでいるエネルギーを気と呼んでいますが、気が不足したり巡りが悪くなると、さまざまな症状がでてきたり、病気になると考えられています。それなら、気を充足したり巡りをよくすればいいわけですね。それを気のコントロールというのですが、そのやり方として内気功と外気功の2種類があるのです。内気功は自分で自分の気をコントロールすることで、外気功は気功師と呼ばれる人に気を入れてもらうことをいいます。

そこは安心できる所ですか?

外気功というと胡散臭いイメージがあるのは大変残念なことです。私(中島)は元気プラザという西洋医療をやっている病院で、統合医療の一環として気功を教えてきました。したがって当サロンの気功は、いかなる宗教とも一切関係がありませんのでご安心ください。

気功の施術や講座、サロンに関して詳しくご案内しております

新宿区四谷にあるサロンでは手かざしによる気の施術や、専門知識やノウハウをご指導する講座をご用意しております。当サロンに関することや施術、講座に関してよく頂戴する質問にお答えしておりますので、ご参考になさってください。
気功の施術は特殊なものではなく、あらゆる方に流れている生命エネルギーである気の流れを整え、お体が本来持っている自然治癒力や免疫力を回復させ、自ら治る力を引き出すものです。初めての方も安心してお受けいただけますので、お気軽にご予約ください。
気功教室は全くの初心者の方も基本からしっかり学べる入門編から、サロン開業などを目指したい方のためのマスターコースまで段階的に学べますので、お気軽にお問い合わせください。