お知らせ

2020/08/04

男女は体臭で惹かれ合う

犬どうしが出会った時、お互いニオイをクンクン嗅ぎます。

人にはそのような習慣はありませんが、これは犬ほど鋭い嗅覚が備わっていないからでしょう。

以前、男女約10人を被験者にした次のような実験が行われました。

男性が1日中着た下着のニオイを女性たちに嗅がせたのです。

もちろんどの男性がどの下着をつけていたかは分からないようになっています。

この結果分かったことは、ある男性のニオイをすべての女性が好きとか嫌いと判断したのではなく、

ある一人の男性のニオイを好ましく感じた女性もいるし、反対に不快に感じた女性もいたわけで、

つまり体臭に対しては好みのバラエティーに富んでいたのです。

そしてニオイの好みに関して面白いことが分かってきたのです。

人にはHLAという免疫の型があるのですが、この型が似ている男女は相手の体臭に良い印象を持たず、

逆にこの型がだいぶ違っている男女は、相手の体臭に好印象を持ったのです。

このことは何を意味しているのでしょうか?

免疫の型とは主に病原体と闘う型なので、男女が結婚して子供が生まれた時、

男女の型が違っているほど多様性を持った免疫システムが子供に遺伝するわけで、

色々な病気に対して強い子孫を残すことができるのです。

男女がお互いを選ぶ時、体臭というのはあまり気にかけないようですが、

無意識の領域では、お互いが惹かれ合う要素があるのでしょうね。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/08/02

過度の恐怖心は健康を害う

もしあなたが戦場で敵に遭遇した時、あるいは山道で獰猛な動物と出会った時、

即座に相手と闘うか逃げるかの選択を迫られます。

この時あなたの心は恐怖感でいっぱいになっていることでしょう。

恐怖は人間の持っている重要な感情の一つです。

恐怖という感情があるから、ほとんどすべての生き物は現在まで生き延びることができたのです。

敵に対処する方策をそこから学ぶことができたからです。

しかしこの恐怖心も度を越せば健康にとって害になります。

先ほどの敵と遭遇した時の心情を考えてみましょう。

あなたの心臓はバクバクし、心拍数が増えて血圧が高くなっていることでしょう。

これは闘うにしても逃げるにしても、俊敏な動きができるように、各筋肉に血液をせっせと送り込んでいる証拠なのです。

そしてストレスホルモンの影響により、筋肉に過剰に血液が運ばれる分、各内臓に行く血液は少なくなってしまうのです。

内臓への血流が悪くなると、消化や代謝系、泌尿器系に重大な障害をもたらします。

体調が悪化し、健康を害う大きな原因となってしまうのです。

また恐怖感が続けばストレスもたまってきますので、心と体の両方に悪影響を及ぼします。

私の間接的な知り合いの話ですが、彼女はこの新型コロナウィルスに怯え、一歩も外に出られない状態になってしまいました。

最近聞いた話では、彼女はどうもうつ状態になってしまったようです。

命を守るために恐怖心を持つことは大切ですが、

それが過度になると健康を害うことがあるので、バランスを持った対処が必要なのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/08/01

外気功施術師認定証授与式の再延期について

東京四ツ谷の気功サロンが主催するビッグイベントの一つである外気功施術師認定証授与式は、

毎年のように5月に開催してきました。

しかし今年は新型コロナウィルスの影響で、5月に開催することはできませんでした。

そしてこの秋(9月か10月)に開催を予定していましたが、感染拡大が止まらない状況になっております。

感染症の専門家たちは、夏場は気温や湿度が高まり紫外線も強くなるので、この感染症はいったん収まり、

第2派は冬になる前に来るのではないかと予想していました。

私もそう思って、秋口に認定証授与式を開催する予定でしたが、

こんなに早く第2派が来るとは思いませんでした。

ビッグイベントの開催には準備期間が約2か月必要です。

現在の感染が拡大している状況では、2か月先の見通しが全くたちません。

そこで感染が収まり、世の中が落ち着く状況の見通しが立つまで再延期せざるを得ないと判断致しました。

皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきたくよろしくお願い申し上げます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/07/30

交感神経と副交感神経のバランスが大事

自律神経には交感神経と副交感神経という、相反する働きの二つの神経があります。

交感神経は血圧を上げ、体を活動モードにします。

逆に副交感神経は血圧を下げて、休息モードにもっていきます。

健康を維持するためには、この二つの神経のバランスがとても大切なのです。

朝起きて仕事に向かおうという時は交感神経が優位にならなくてはいけません。

子供に多いのですが、朝なかなか起きられない子がいます。

昔は「精神がたるんでる」と言って、単なる気持ち(心)の問題と片付けられていましたが、

実は起立性調節障害という、自律神経が失調する病気だと分かってきました。

また夜になれば、自然と体を休めるために副交感神経が優位になってくるのです。

この二つの神経のバランスが崩れると、自律神経失調症という病名がつきます。

いわゆる不定愁訴という症状が現れる代表的な病気と言えるでしょう。

めまいや動悸、頭痛、耳鳴り、不眠、下痢や便秘、肩こり、全身倦怠感、食欲不振などです。

この病気の原因は更年期におけるホルモンバランスの崩れやストレスが考えられます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/07/28

口呼吸はほとんどの病気の原因になりうる

動物は呼吸しないとすぐに死んでしまいます。

呼吸は吸うことと吐くことの繰り返しですが、ヒトの場合、鼻と口の両方でできるようになっています。

そして息を吸う時に口からやる場合を口呼吸と言います。

口呼吸はほとんどの病気の原因になるようなので注意しなければなりません。

昨今の新型コロナウィルス感染症の影響で、感染防止のためにマスク着用が叫ばれていますが、

マスクのデメリットも知っておくのは健康にとって重要なことでしょう。

人によりますが、マスクは熱中症やマスク皮膚炎のリスクを高めるばかりでなく、

自然と口呼吸になってしまう人がいるようなのです。

特に体を激しく動かす時などに口呼吸になりやすいのです。

医学博士の西原克成氏の著書「健康は呼吸で決まる」によりますと、

口呼吸が原因で罹患する病気には下記のようにバラエティーに富んだものになっています。

甲状腺炎、耳鳴り、シェーグレン症候群、メニエール病、重症筋無力症、リウマチ、白血球減少症、

悪性リンパ腫、再生不良性貧血、潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、膠原病、多発性筋炎、

片頭痛、うつ病、喘息、間質性肺炎、レイノー病、ネフローゼ、腎炎などさまざまです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
中島克己の気功サロン
https://kikoh-salon.com
住所:新宿区四谷2-3-6 パルム四谷1002号室
TEL:045-383-1741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気功サロンから人気の講座のご案内や健康情報やお役立ちコラムをご紹介しております

新宿区四谷にあるサロンでは、お知らせページにて講座のご案内や日頃の健康維持や疾病予防に役立つ情報をご紹介しております。
気功師によるコラムも掲載しておりますのでぜひご覧ください。コラムから伝わってくる人柄や考え方などに触れていただければ、当サロンや施術についてご納得いただけ、ご安心いただけるはずです。
気功というと不思議なイメージを持たれたり、特別な世界の話と思われたりする方が少なくありません。ですが、気というのは全ての方に流れる生命エネルギーの1つです。オーバーワークや情報の氾濫、人間関係の難しさなどストレスに囲まれた現代社会において乱れやすい気の流れを整えることで、お体が本来持つ自然治癒力を回復させ、日々の健康維持や疾病予防にお役立ていただけます。